バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールの“古巣復帰希望”報道についてコメントした。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が11日付で報じている。

 昨夏に史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンに加入したネイマールだが、リーグ・アンの質の低さに不満を持ち、古巣であるバルセロナへの復帰を希望していると報じられていた。

 これにバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は「そんな話はファンタジーだ」と復帰を噂を一蹴。しかし、かつてチームメイトとして多くのタイトル獲得を共に達成してきたラキティッチは、前向きな考えを持っているようだ。

 10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節マラガ戦後のインタビューで、ラキティッチは「彼がバルセロナに戻ってきたいと考えるなら、常に扉は開いているよ。これは単に僕たちの関係だけが理由ではない。彼のサッカー選手としてのスタイルも考慮してのことだ。僕なら常にネイマールをチームに入れるだろうね」と、復帰を後押しした。

ラキティッチはネイマールの復帰希望に前向きな意見を示した [写真]=Getty Images