マラガ戦、デンベレのパスからブラジル代表MFコウチーニョが鮮やかなゴール

 スペイン1部バルセロナは10日のリーグ28節でマラガと対戦し、敵地で2-0と勝利した。メッシは第3子誕生のためメンバー外となったが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスブラジル代表MFコウチーニョがそれぞれゴールを決めて活躍。とりわけコウチーニョの鮮やかすぎる“DF股抜きヒール弾”は「芸術的」「魔法のよう」と称賛を浴びている。

 スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも負傷で欠場したバルサだが、今季加入のフランス代表FWウスマン・デンベレ、今に加入のMFコウチーニョがって先発。すると、前半15分にスペイン代表DFジョルディ・アルバの正確クロスからスアレスが頭で合わせて先制。そして同28分、新加入コンビの連係からゴールが生まれる。

 相手ペナルティエリア右に侵入したデンベレが鋭い切り返しで相手を翻弄すると、中央にグラウンダーのラストパスを供給。中央に走り込んだコウチーニョは相手に付かれながらも、軽やかなステップから右足ヒールで巧みにミートする。意表を突いた一撃は相手の股下を通り抜け、そのままゴール左隅へと吸い込まれた。

 試合はそのままバルサが2-0と勝利し、首位をキープ2位アトレチコ・マドリードに勝ち点11差をつけており、リーグタイトル奪還に前進している。海外メディアから注を集めたのは、今リバプールから加入したコウチーニョの一撃だ。

 1億2000ユーロ(約158億円)をベースに、出来高4000万ユーロ(約52億円)の移籍で加入したアタッカーゴールについて、スペインアス」は「芸術的」と称賛。また、海外スポーツメディア「BeSoccer」は「だからバルサは1億2000ユーロを払った」と言及し、「魔法のようなプレー」と賛辞を送った。

 コウチーニョは加入後、公式戦11試合で3ゴール1アシストマークしている。徐々にチームフィットしてきたブラジルMFは、終盤戦にかけて一層きを放ちそうだ。


Football ZONE web編集部)

コウチーニョの鮮やかすぎる“DF股抜きヒール弾”に称賛【写真:Getty Images】