2018年1月から第2期の放送がスタートしているテレビアニメ『だがしかし2』。実在の駄菓子が登場する、“美味し懐かし駄菓子コメディー”として話題を集めています。

 ニコニコではアニメの放送に合わせ「「だがしかし」ミッドナイトDA・GA・SHI・SHOW!2 特別編」が放送され、鹿田ココノツ役の阿部敦さんと遠藤豆(トウ)役の鈴木達央さんが、2期になってから登場したキャラクター、尾張ハジメの魅力について語りました。

 2期の1~8話から印象に残ったシーンを振り返るコーナーでは、ココノツの名台詞「見たいよ!」がアフレコ現場で生まれた瞬間を明かす一幕も……。

『だがしかし2』
(画像は『だがしかし2』公式Twitterより)

―関連記事―

『だがしかし』お色気カットにハッスルした第2話を女性声優陣がふり返る「阿部敦さん(ココノツ)が本気すぎて(笑)」

―人気記事―

高木さんの笑顔がかわいすぎてキュン死確定! ニコ生コメントと振り返る『からかい上手の高木さん』第9話盛り上がったシーン

第1~2話 名台詞「見たいよ!」誕生秘話

左から阿部敦さん、鈴木達央さん。

阿部:
 2期の1話から振り返っていきましょう。ボロボロですね、「シカダ駄菓子」。なかなか古い建物ではありましたけれども。「やってるのか? この店」みたいな。ガチャガチャだって1個壊れてるもんね。

夏が舞台だった1期から季節が冬に移り変わり、「シカダ駄菓子」の店先もどこか寂しくなっている。

鈴木:
 床に散乱してるよ。中のやつ、取り放題じゃん(笑)。

阿部:
 そうだよね(笑)。

鈴木:
 だめだよ! 何が入ってるのかな。

台風が接近した為、ほたる、サヤ、豆の3人はシカダ駄菓子に泊まることになるが……。
(画像は『だがしかし2』公式サイトより)

鈴木:
 2話。これは俺たちが一番本気出したやつ。

阿部:
 俺が一番本気を出したやつ。

鈴木:
 これさ、今だから言えるけど別録りだったじゃん。阿部っちが本当に本気のやつをぶつけてきてくれたじゃんか。本当に「そこまでやらなくていいです」って言われるくらい返しちゃったもん。

豆はココノツに「ほたるとサヤがお風呂に入っているとこを覗こう」と提案するが、ココノツは「見たいよ! だからこそこんな法のもとで裁かれるような形でなくもっと正しいタイミングで凝視したい」と本音を叫ぶ。

阿部:
 (笑)。

 「見たいよ」の4文字だったんだけど、めっちゃ気合い入れて言った。

鈴木:
 別録りの時って、先に録った人の声を片耳のヘッドホンで聴きながらやるんですよ。吹き替えとかでよくある光景なんですけども、それを聞いてる時にそれなりの音量で、普通に耳が痛くない感じでつけていたんですけども、「見たいよ」のところだけバンバン音が割れていて(笑)。

阿部:
 絵も1秒くらいなんだけど、めっちゃ劇画調になっていたから、これは俺も合わせなきゃと思って。めっちゃ本気を出しましたよ。

鈴木:
 あれはびっくりした。テストで聞いた時にちょっとびっくりしたもん(笑)。

阿部:
 自分でやっていても面白かったな。

第3~4話 薄い本が盛り上がる!? ドキドキの花火大会

阿部:
 3話いってください。ベーゴマですね。

ベーゴマのまわし方を知らない豆は、スマホで調べた「ベーゴマを投げる」という解説を読んで、ココノツの足の甲に思い切りベーゴマを投げつけてしまう。

鈴木:
 俺も小学校のころまでやってたな。ここも楽しかったな。

阿部:
 ベーゴマよかったよね。4話いきましょう。 

花火大会に向かう途中で、「今はあなたと話をしていたいわ」と言うほたるに戸惑いを隠せないココノツ。

阿部:
 花火大会のところだね。

鈴木:
 薄い本が盛り上がっちゃう(笑)。

阿部:
 チューされるのかと思ったみたいな。

鈴木:
 今年の夏コミで(笑)。

阿部:
 燃料投下しちゃったかな。