未知の巨大生物と人類の生んだ巨大ロボットのバトルを描いた、アクション大作の続編『パシフィック・リム:アップライジング』に出演するジョン・ボイエガとスコット・イーストウッド、そしてスティーヴン・S・デナイト監督が3月に来日することが決定した。3人は都内で開催されるジャパンプレミアに出席する。

 前作『パシフィック・リム』は、突如として出現した巨大生物KAIJUに、人型巨大兵器イェーガーで立ち向かうパイロットたちの戦いを描いた作品。先日アカデミー賞に輝いた『シェイプ・オブ・ウォーター』を手掛けたギレルモ・デル・トロが、日本のアニメや特撮への愛を込めて生み出した作品で、日本でも熱狂的なファンを生み出した。

スコット・イーストウッド、ジョン・ボイエガ、スティーヴン・S・デナイト監督 (C)Legendary Pictures / Universal Pictures.

 続編では、再び世界を襲い出したKAIJUに、新世代のイェーガーと若きパイロットたちが立ち向かう。新たな主人公を演じるのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役でスターダムに上り詰めたジョン。クリント・イーストウッドの息子で『ワイルド・スピード』シリーズにも出演するスコットが相棒役を務めるほか、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら前作キャストや、新田真剣佑も出演する。

 ジョンは『フォースの覚醒』のプロモーション以来2年半ぶり、スコットは映画プロモーションとしては初の来日。東京の地は、続編でも一大決戦の場になるとされており、“聖地”ともいえる場所で来日キャストが何を語るのか、日本人キャストとの再会も含めて注目される。(編集部・入倉功一)

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は4月13日より全国公開

『スター・ウォーズ』ファンも注目! 来日が決定したジョン・ボイエガ&スコット・イーストウッド - (C)Legendary Pictures / Universal Pictures.