Bose AR
スピーカーヘッドホンイヤホンなどを発売するオーディオブランドBose(ボーズ)が<SXSW>でAR拡張現実メガネBose AR」のプロトタイプを発表しました。 Bose AR 現実世界データなどを表示させるGoogle GlassIntelのVauntなど視覚的なものとは異なり、BoseARメガネは音により現実を拡するものとなっています。 プレスリリースには「Bose ARは見えているものを変えませんが、あなたが何をみているかを理解します。」、「情報を聞き取れるレイヤーを追加する」とあり、現実世界に新たに音によるレイヤーを加えるというコンセプトの製品のようです。

ヘッドジェスチャー、声、タップでコントロール! 見ているものの音声情報が提供

ヘッドジェスチャー、デバイスタップで聞いている音楽コントロールできたり、見ている観光名所やレストラン情報を音で教えてくれたりする機が搭載されます。 見ているものの情報を音提供してくれるという昨日は、美術館などで導入されている音ガイドのようなイメージでしょうか。 旅行レストラン情報提供しているTripAdvisorやYelpとの連携も進行中のようなので、旅行で役立ちそうです。

音質も良い?

実際に体験した『Engadget』の記者は音質もかなり良いとレポートしています。 Bose AR Bose AR Glasses Hands-On at SXSW 2018
Bose AR開発キットの提供が開始される予定で、製品の良版がに限定出荷されるようです。 詳細はこちら(英語)

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.