今季限りでの現役引退が決まっているなか、「ベンチにいた方がいい」と明かす

 アーセナルの元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーは今季限りで現役を引退し、アカデミー(下部組織)のマネージャーを務めることが決まっている。しかし、すでに選手としての心はすっかり折れてしまったようだ。「スタンドにいる方がいい」と心身ともに消耗した現状を吐露している。

 2014年ブラジルワールドカップW杯)優勝メンバーも今年で34歳。2017-18シーズンをもって現役を退くが、ピッチ上で燃やす“ゲルマン魂”は底をついてしまったようだ。

もが、自分が去年をエンジョイすべきだと話していた。できるだけ多くの試合でプレーし、様々な挑戦もできた。でも、自分はベンチにいた方がいいし、スタンドにいた方が良かった。人生で初めて、30歳を過ぎてのことだ。自分は気が楽になるのだろうね」

 メルテザッカードイツ誌「シュピーゲル」でこうったという。

「いつの日か全てが重荷だったことを理解するんだ。体的にも、フィジカル的にもね。それでも疑いなく貢献しなければいけない。プレッシャーは計り知れない。自分の頭の中では恐怖の筋書きが存在するんだ。ミスをする、失点の責任になってしまう、と。ファンの喜びは最高だ。素晴らしい。でも、ブーイングされると、常に自分を深く恥じるんだ」


「試合前には腸がさかさまになる感覚で…」

 人格者で「ビッグフレンドリージャイアント(心優しき巨人)」の称で知られる男は、試合に臨む際のプレッシャーに苛まれているという。

「試合開始直前には腸が逆さまになる感覚で、嘔吐しそうになる。そんな時には自分のが潤むまで、自分の首をしく閉めなければいけない」

 壮絶なエピソード明らかにしたメルテザッカー。今季アーセナルの守備は崩壊状態だが、リーダー役の精的な落ち込みも影していたのかもしれない。


Football ZONE web編集部)

元独代表DFメルテザッカー、壮絶な苦悩を吐露【写真:Getty Images】