シェアハウス運営管理の株式会社オークハウス(東京都渋谷区 代表取締役社長 山中広機 以下:オークハウス)の管理物件「ソーシャルレジデンス船橋」(千葉県船橋市本中山)が第24回千葉県建築文化賞を受賞しました。

エントランス
広々としたラウンジ


<千葉県建築文化賞について>
千葉県建築文化賞とは、建築文化や居住環境に対する県民の意識の高揚と、うるおいとやすらぎに満ちた快適なまちづくりを推進することを目的創設されたもので、平成29年で24回目を数えます。
表彰式は平成30年3月20日(火)15時~から千葉県自治会館にて開催します。


<ソーシャルレジデンス船橋について>
ソーシャルレジデンス船橋は、笠掛伸建築設計事務所代表 笠掛伸氏が「建物ではなく、場を作りたい」という想いのもと、人の気配があり小さくて近いけれども窮屈感のない、どこか懐かしい感じがする雰囲気や街のスケール感を大切にして、街と建物とがスムーズに繋がるよう設計して下さり、2016年グッドデザイン賞を受賞しています。
2014年にオープンしたソーシャルレジデンス船橋ですが、建物の魅力がお客様にもご好評であり、常に満室の人気物件となっています。

住所:千葉県船橋市本中山
最寄駅:総武線/下総中山駅徒歩1分
部屋数:45部屋
賃料:54,000 円~/月、共益費:15,000 円/月、契約料:50,000 円(契約時のみ)
WEB:https://www.oakhouse.jp/house/700

配信元企業:株式会社オークハウス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ