リードが最終18番の上りパットを打ち切れず…1打差でV逸の珍事「ゴルフは至難であり、残酷だ」

 米男子ゴルフで、首位で迎えた最終ホールのグリーンで上りのラインを打ち切れず、打った場所まで20秒かけてボールが戻って来る珍事が発生。結果的に1打差で優勝を逃す悲劇となった。悲劇の“Uターンパット”の瞬間をPGAツアー公式ツイッターが「ゴルフは胸を張り裂けさせるものだ」とユーモアを交えて動画付きで紹介。ファンから「申し訳ないが、大笑いしてしまった」「最悪に残酷なのに最高に面白い、奇妙な出来事だ」と大反響を呼んでいる。

 ゴルフは難しい。だから、ゴルフは面白い。それを象徴するような、まさかの悲劇の主役となってしまったのは、世界ランク27位の名手パトリック・リード(米国)だ。

 バルスパー選手権(イニスブルックリゾート&GC)最終日、10アンダーで首位で迎えた18番パー4だった。グリーン手前から約10メートルのバーディーパット。カップ3メートルほど手前まで上りの力加減が難しいラインだ。慎重に構えたリード。大ギャラリーの視線を一身に浴びながら、しっかりとパットを振った。

 3メートル、5メートルと上った。しかし――。予想以上に上りは急だった。頂上を手前に失速。そして、ボールは止まるかと思いきや、まさかの光景が繰り広げられた。あろうことか、進み始めたのは後方。今、来たラインを辿るようにゆっくりと転がり始めてしまった。一瞬にして歓声は騒然とした悲鳴に変わった。

 そして、徐々に下りで速度を増し、戻っていく。事を察したリードは「おいで、おいで」と左手でボールに手招きしてみせた。3メートル、5メートル、そして――。なんと打った地点に綺麗に帰ってきたのだ。右手に腰を当て、待ち構えていたリードはなんとも言えない表情で足元に舞い戻ったボールを見つめていた。

あの1打がなければ…ファン大反響「申し訳ないが、大笑いしてしまった」

 完全に1打を捨てる形になってしまった瞬間を、PGAツアー公式ツイッターは「ゴルフは胸を張り裂けさせるものだ」と題し、動画付きで紹介。映像を観ると、打ってから元の地点に戻るまで20秒かかっていた。まさかの悲劇を瞬間を目の当たりにしたファンから続々と反響を呼んでいた。

「申し訳ないが、大笑いしてしまった」
「ゴルフという競技は至難であり、残酷だ」
「最悪に残酷なのに最高に面白い、奇妙な出来事だ」
「ボールが飼い犬のように戻って来た時、彼自身も思わず笑ってしまっていたね」
「これは心折れるな…」

 このようにコメントが相次いでいた。このホールまで1イーグル、3バーディー、1ボギーで4つスコアを伸ばしていたリードは最終ホールにして痛恨のボギー。最終的に優勝したポール・ケイシー(英国)と1打差で敗れてしまった。

 あの1打がなければ――。スポーツにタラレバは禁物だが、そう思わずにはいられないシーンとなった。(THE ANSWER編集部)

パトリック・リード【写真:Getty Images】