『99.9』

『99.9』

嵐・松本潤主演のドラマ『99.9-刑事裁判弁護士-SEASONII』の第8話が11日に放送された。

毎回、さまざまな小ネタが盛り込まれているこのドラマ。東日本大震災からちょうど7年経ったこの日、小ネタに応援メッセージがこめられていたことがネット上で話題になっている。

■選挙目前の議員の事務所で殺人事件

元文部科学大臣・藤堂正彦(佐野史郎)議員の選挙事務所に送られてきた羊羹を食べ、藤堂議員の妻・京子(森口瑤子)が意識不明の重体、第一秘書の上杉が死亡するという事件が起こる。

送り主であるニシカワメッキ社長・西川五郎(おかやまはじめ)は、羊羹に混入されていた毒物・セトシンが彼の会社が保有するものと一致し、犯行動機もあったため、逮捕・起訴されていた。

しかし、西川は犯行を否認。依頼を受けた深山たちは、斑目所長(岸部一徳)の紹介で個人で鑑定を行なっている元科捜研・沢渡清志郎(白井晃)に、犯行に使われたセトシンの鑑定を依頼することに。

■2年前の事件に使われた毒物と同じ

沢渡の鑑定の結果、セトシンは西川が保有していたものと異なることが判明。しかも、その毒物は2年前の島根の毒殺事件に使われたものと一致していた。

島根の毒殺事件の犯行に使われた毒物を持っていた冶金会社の社長・平塚(中村まこと)に話を聞きに行った深山たちだが、毒物は残っておらず、平塚は藤堂と面識がないと言う。

しかし、佐田が2人の関係を調べると、藤堂と平塚は異母兄弟だということが判明。さらに殺された上杉は、藤堂が愛人にいるという事実を週刊誌に告発しようとしていたことがわかる。

■あの深山が敗訴 毒が含まれていたのは…

深山たちが藤堂の事務所で話を聞くと、羊羹を食べるときその場にいた人々それぞれが羊羹を選んだため、意図的に殺すのは不可能であったことがわかる。

しかし、深山は、事前に毒入りの羊羹とすり替えたのではないかと推測。意識が回復した京子も事件の前日、自宅で同じ羊羹を見たという。

裁判で証人として出廷した京子だったが、深山たちに話した際に比べ、歯切れの悪い発言をする。しかし、前日に自宅で同じ羊羹を京子が見たという証言で、藤堂の犯行と印象付けられる流れになる中、裁判官の川上(笑福亭鶴瓶)が「藤堂の浮気を知らせたのは誰か?」と問い、深山たちだと明言。

弁護側が恣意的に誘導した印象を裁判員たちに与えてしまい、深山たちの作戦は失敗。西川に無期懲役の判決が下され、結果的に深山は負けてしまった。

事務所に帰った深山は、羊羹の写真に使うはずのつまようじが写っていないことに気づく。じつはセトシンが含まれていたのは羊羹ではなく、つまようじだったのだ。

つまようじを配っていた京子は意図的にセトシンの致死量が多いものを上杉に渡し、自分は薄めたセトシンがついたものを使うことで殺人事件に見せかけていた。藤堂と京子は共犯者で、2人は逮捕された。

■震災から7年 小ネタにメッセージ

毎回小ネタに溢れているこのドラマ。深山が居候している居酒屋「いとこんち」に貼られていたポスターに次のようなメッセージが書かれていた。

「東北も九州台湾世界中近い未来に笑えるように」

2011年の東日本大震災、2016年の九州の熊本地震、そして先月起こった台湾東部地震の被災者たちへの応援メッセージだろう。番組スタッフの粋な計らいに、ネット上では「素敵!」と多くの人が賞賛の声をあげている。

またこのポスターには「7周年記念サービス」とも書かれており、東日本大震災が起こった年と「いとこんち」が開店した年度が同じであることがわかる。

■深山・舞子になりたいファン続出!

この日の放送では、深山が親父ギャグを言おうとすると舞子(木村文乃)が口をふさぐというシーンが。松本潤の唇が手のひらに当たったと想像したのか、ネット上では舞子をうらやましがるファンが続出。

一方、舞子に口をふさいでほしいというファンも…。

松本潤、木村文乃のどちらのファンもたまらないシーンだったようだ。

■最終回のゲストは中島裕翔!

次週はいよいよ最終回。ゲストは松本の後輩・Hey!Say!JUMPの中島裕翔だ。これにファンは大喜び。

なお、2時間の拡大スペシャルでは、判決を覆すことが難しいといわれる再審請求の依頼を受けることになるようだ。

最大の難題にどのようにして立ち向かうのか。終わってしまうのが寂しくもあるが、楽しみな回になりそうだ。

《これまでに配信した『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→白石先生の部屋じゃん! 『99.9』比嘉愛未にまつわる小ネタに歓喜

(文/しらべぇドラマ班・卯月

『99.9』小ネタにこめられた震災への「応援メッセージ」が話題に