THE 夏の魔物のライブツアー「THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物」の初日公演が、3月7日に東京・下北沢SHELTERで開催された。

【大きな画像をもっと見る】

THE 夏の魔物が、越川和磨(G)、えらめぐみ(B)、中畑大樹(Dr)、ハジメタル(Key)からなるシン・マモノBANDを帯同し、バンドスタイルで行っている今回のツアー。チケットがソールドアウトとなったこの日の公演ではライブ定番曲はもちろん、新曲をふんだんに盛り込んだセットリストで会場を沸かせた。

まず舞台に現れたシン・マモノBANDが演奏を始めると、THE 夏の魔物が続々とステージへ。メンバーはライブの人気曲でツアーの幕開けを飾り、魔物チルドレン(THE 夏の魔物ファンの呼称)のハンドクラップを引き出していく。その後のMCで「いつも思ってること1つだけ言っていい? ありがとう」と感謝を口にした成田大致は「いつかラブソングが歌いたいと思った日は、(忌野)清志郎さんが亡くなった日。いつか俺も清志郎さんが作るようなラブソングを歌いたいと思ってたけど、身の丈に合ってないから歌えなかった。最近バンドが前に進んで行くたびに、今だったら歌えるんじゃないかと思う。第2期の始まりを告げる1曲です」と前置きし、彼らは新曲「しゅきぴ」を初披露。両手でハートマークを作る振り付けを交えつつ、歌詞の一語一語を丁寧に届けていった。

それまでのピースフルなムードを一変させたのは、「SUNSET HEART ATTACK」。アントーニオ本多がフロアにダイブしたり大内雷電が髪を振り乱したりと、5人それぞれがアグレッシブなパフォーマンスを披露し、フロアのテンションに火を点ける。その後「東京妄想フォーエバーヤング」で満員の場内を見渡したアントンは、「これはひょっとしたら何かのドッキリ? テレビに雇われたサクラなのか? いや、この人たちはお金を払って来ている。お金をもらって来ているわけではない!」と大声で言い、それに賛同するようにオーディエンスからは歓声が。さらに「THE 夏の魔物のテーマ」では冒頭から観客の大合唱が沸き起こり、泉茉里は思わず笑みをこぼしていた。そして女子メンバーによる「マモノ・アラウンド・ザ・ワールド」で鏡るびいは「今まで生きてきた中で一番でかい声出してください!」と声を張り上げファンを扇動。「隣の人は自分のこと見てないから恥ずかしくない!」と言葉を重ねオーディエンスを煽り続けた。

熱演の余韻が残る中、成田は7月26、27日に同会場でのワンマンライブ「SHELTERの魔物 2DAYS~Live or Die~」の開催を発表。メンバー間で会話を楽しんだあと、アントンにファンへのコメントを求めると「俺はないよ! なぜなら残り2曲で俺のすべてを伝えてやるから!」と力強く宣言した。それに同意したメンバーは熱気が立ち込めるステージの最前線でパワフルなパフォーマンスを見せ、初日公演は大盛況の中締めくくられた。

THE 夏の魔物はこのあと3月30日の愛知・CLUB ROCK'N'ROLL公演に呂布カルマ、4月12日の宮城・enn 2nd公演に挫・人間、4月26日の下北沢CLUB Que公演に四星球を招いた対バンライブを行う。

THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物(※終了分は割愛)

2018年3月30日(金)愛知県 CLUB ROCK'N'ROLL
<出演者>
THE 夏の魔物 / 呂布カルマ

2018年4月12日(木)宮城県 enn 2nd
<出演者>
THE 夏の魔物 / 挫・人間

2018年4月26日(木)東京都 下北沢CLUB Que
<出演者>
THE 夏の魔物 / 四星球

THE 夏の魔物「THE 夏の魔物 TOUR 2018 BANDの魔物」東京・下北沢SHELTER公演の様子。(撮影:岸田哲平)