SUPER GTなどが開催されるレース場と知られるツインリンクもてぎ。2018年3月17日(土)に『森感覚アスレチック DOKIDOKI』 が新登場します。さて、どんなアスレチックなのでしょうか?CarMe編集部が現地に行って取材してきました。

子供も楽しめる『森感覚アスレチック DOKIDOKI』
森感覚アスレチック DOKIDOKI

レース場と聞くと、レース好きな大人しか行かないイメージがありますが、子供も楽しめる新アトラクションが登場しました。その名も『森感覚アスレチック DOKIDOKI』。地上5階建ての大きなどんぐりの木をモデルにしたアトラクションで、高さは13mもあります。

内部には39カ所のアスレチックがあり、それぞれ樹木に集まる虫たちをイメージした空間となっています。コースは難易度で分かれており、お子様の年齢や体力に合わせてコースを選択し、進んでいくことができます。

入口に入ると、まずカブトムシの幼虫のアスレチックが出迎えてくれます。このカブトムシの幼虫を足場にして、壁に手をつき、土に足がつかないように進んでいきます。子供向けのアスレチックですが、幼虫の上をバランスを取りながら歩いていくのは、意外と難しいもの。大人でも充分楽しめるようになっています。

アトラクション内にはさまざまな箇所に虫のオブジェが配置されています。例えば、カブトムシの成虫やスズメバチもいるのですが、ちょうど子供たちの同じぐらいの大きさで迫力があります。また大きなどんぐりのなかを進んでいくコースもあり、子供たちの冒険心をくすぐります。

ボイルダリングの要素を取り入れたアスレチック
森感覚アスレチック DOKIDOKI

アスレチックのなかには、壁に生えた新芽を登っていく「新芽のチャレンジャー」、「蜂の巣階段」、「コブのぼり」など、随所にボルダリングの要素が取り入れられています。

普段体を動かしていない方にはちょっとハードなアスレチックかもしれませんが、子供の筋力を伸ばすにはちょうど良いのではないでしょうか。

丸太橋やネットなどを渡るアスレチックも用意されています。下にネットが張られているため、安全は確保されていますが、落ちてしまうのではないかとハラハラドキドキするアトラクションとなっています。

森感覚アスレチック DOKIDOKI

他にも、専用のバーコードをかざすと写真撮影をしてくれるスポットが数カ所あります。これは、ターザンロープなどのアトラクション付近に設置されており、ロープで移動する子供の様子などを写真に収めてくれます。撮影された写真は出口付近にある機械で購入が可能です。思い出の一枚を撮影してもいいかもしれませんね。

入場料は一人600円で、小学生以上の子供から利用することができます。

ツインリンクもてぎには『森感覚アスレチック DOKIDOKI』以外にも親子2人で乗れるレーシングカートや、目の前でシェフが料理を調理してくれるゴージャスなキャンプ『グランピング・ワイド プレミアム』、小学生以下のお子様も楽しめる遊園地『モビパーク』などもあります。

春のお出かけにぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

幼虫を足場に進む!? ツインリンクもてぎに「森」をテーマにしたアスレチックが新登場!