米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われた、テニスのBNPパリバ・オープンの男子シングルス第2回戦で、日本のダニエル太郎がノバク・ジョコビッチに勝利した。

■ダニエル太郎の下克上だ! 

ダニエルの世界ランキング最高位は85位であるのに対し、ジョコビッチは元世界ランキング1位。実績だけを見ると、ダニエルがジョコビッチに勝利する未来図を描いていた人は多くないだろう。

しかしその逆境を覆して、ダニエルはジョコビッチに勝利するという下克上を果たした。ダニエルは試合後、

「ジョコビッチは本調子ではなかったし、チャンスはあると思っていた。自分のキャリアの中で大きな勝利になった」

とコメントしている。

■ダニエル太郎はお茶目な一面も

ジョコビッチを撃破するくらいの実力者がどのような人物であるのかを調査すると、かわいらしくお茶目な一面を垣間見ることができた。

こちらはダニエルの公式ツイッターに投稿された写真だ。ダニエルのお面を着けた人物がお肉を食べようとしている写真に、「太郎×5」と一言だけ添えられている。

もし本人が自分のお面を5枚も用意していたとすれば、何ともシュール。写真撮影者が笑っていたと願いたい。

■「お笑い芸人かと思った」

ネットでは、今回の快挙達成に興奮の声を上げる人が続出。ダニエルを今まで知らなかった人にとっては、彼の名前のインパクトが強かったようで、「お笑い芸人かと思った」という声も見られた。

「ダニエル太郎がジョコビッチに勝ったのか! これは一波乱ありそうだ」

「ダニエル太郎って新しいお笑い芸人かと思ったら、ジョコビッチに勝った爽やかイケメンだった」

「ダニエル太郎のジョン万次郎感……」

「ジョコビッチはベストコンディションではなかったかもしれないけど、それでもすごい! 」

■テニス選手は爽やか?

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,387名に「テニスをやっている人は爽やかだと思うか」についての調査を実施。「テニスをやっている人は爽やかだと思う」と答えた人の割合はおよそ2割という結果になった。

ただテニスをしていれば、「爽やか」というイメージを持たれるわけではないようだ。ダニエルは今回の大金星で注目され、ネットで爽やかイケメンだとの声も上がっている。

このまま優勝ということになれば、さらなる注目が集まることだろう。

・合わせて読みたい→【科学が証明】確実にモテ度UP!? 「赤色」は異性に効くらしい

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

男子テニス・元世界王者ジョコビッチ撃破のダニエル太郎 名前とお茶目さが話題に