4月13日公開の映画『パシフィック・リム:アップライジング』のジャパンプレミアが3月に開催されることが決定。キャストのジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、スティーヴン・S・デナイト監督が来日することが明らかになっている。

『パシフィック・リム』は、2013年に公開されたギレルモ・デル・トロ監督によるSFアクション映画。太平洋の海底から現れた巨大生物“KAIJYU”に、各国代表のパイロットが登場した2人乗りの人型巨大兵器“イェーガー"が立ち向かう姿を描いた作品だ。その続編『パシフィック・リム:アップライジング』では、前作から10年後の地球を舞台に、進化を遂げ、再び姿を現したKAIJYUたちに、新世代のイェーガーとパイロットたちが挑む。

左から、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

左から、ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.

今回来日するのは、主人公のジェイクを演じるジョン・ボイエガ、ジェイクの相棒であるエースパイロット役スコット・イーストウッド、そして昨年2017年の12月にも日本を訪れたデナイト監督だ。

ジョン・ボイエガの来日は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以来プロモーション以来2年半ぶり。スコット・イーストウッドは、映画のプロモーションとしては初めての来日となる。3人が揃って登場するジャパンプレミアは、3月に都内某所で行われる予定。果たして、彼らは何を語るのか? 新田真剣佑ら日本人キャスト登壇の可能性も含め、続報を待とう。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は4月 13日(金) 全国超拡大ロードショー。