中山優馬が12日、都内で行われた映画『曇天に笑う』“曇天丸”出発式&公開記念トークイベントに主演の福士蒼汰、桐山漣、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人と共に出席した。「撮影中、誰にも言えなかった秘密」というお題でトークが展開されると、中山は「我を失うぐらい虫が苦手」と告白。登壇者から「見つけたらどんな風になるの?」と振られると「ギョギョッ!」とさかなクン風に驚いてみせ、観客を笑わせていた。

 本作は、アニメ化&舞台化もされ、外伝も発表されるなど、熱狂的なファンを持つ唐々煙の人気コミックを、『踊る大捜査線』シリーズや『亜人』などのヒット作を手掛けてきた本広克行監督が実写映画化。家族愛、友情、男たちの戦いを描いた痛快なアクションエンターテインメント。

特製の“曇天丸”で出発!

 中山は以前から、タレントで東京海洋大学名誉博士であるさかなクンと似ているということをネタにしてきていたが、この日も、さりげなくさかなクンおなじみの言葉である“ギョ”を使って驚きを表現。中山いわく「苦手とかいうレベルじゃない」ほど虫が嫌いなのだが、どの現場でも最初はその事実を隠しているという。しかし映画のように撮影が長きに渡ると“虫嫌い”がバレてしまうようだ。

 同じ質問をされた福士は「秘密というわけではないのですが、撮影中、モンスターを捕まえるスマホのゲームにドハマリしていました。空き時間ができると『黄色いモンスターいた!』みたいに盛り上がっていました」とゲームに夢中になっていたことを明かすと、加治ら共演者からも「ロケ地に伝説のモンスターが出ると言われていたので、福士くんはずっと探していましたね」と証言。もはや秘密になっていなかったという事実に福士は苦笑いを浮かべていた。

 この日は、作品の大ヒットを祈り、出発式も行なわれ、スカイツリーがそびえ立つ北十間川に浮かんだ“曇天丸”に和装で登場した福士は「ヒットに向かって突き進みます!」と高らかに宣言すると「この映画はアクションエンターテインメントとして、ド派手なアクションシーンが見どころではありますが、家族愛や兄弟愛など、いろいろな愛にあふれる映画です」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『曇天に笑う』は3月21日より全国公開

中山優馬「ギョギョッ!」