PAOK会長が右にホルダー付きの拳銃映像にも写り込んで衝撃の不祥事に発展

 ギリシャ1部リーグで前代未聞の事件が起こった。PAOKとAEKアテネの首位攻防戦で、判定を不としたPAOKの会長携帯してピッチ乱入し、試合が中止になった。イタリア「ガゼッタ・デロ・スポルト」などの欧州メディアが報じている。

 両チーム得点で迎えた試合終盤、PAOKのゴールオフサイドで取り消されるとイバン・サビディス会長ピッチ乱入審の判定への抗議に加え、自チームの選手たちにピッチから去るように要したが、選手たちはこれを拒否したという。

 この時、会長の右にはホルダー付きの拳銃があることが、映像にもしっかりと写り込んでいた。審はその後、判定を覆してゴールを認めている。AEKアテネ側は、この時にサビディス会長審を脅迫したと告発しているという。

 結局、この時にAEKアテネの選手たちはロッカルームに引き上げていたが、安全上の懸念があるとして再度ピッチに立つことを拒んだ。これにより試合は中止になり、今後は審の提出したマッチレポートを基にギリシャサッカー連盟に判断が委ねられるという。

 仮にPAOKが1-0で勝利したという裁定が下れば、首位逆転となる。ホームゲームを行うクラブ会長とはいえ、スタジアム内に拳銃が持ち込めること自体が衝撃的な不祥事と言える。この前代未聞の事態は、どのように収拾されることになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

PAOKのイヴァン・サヴィディス会長【写真:Getty Images】