一見すると、和を着た女性写真と思ってしまうほど、リアルに描かれた人物画がTwitterで注を集めている。

画像をもっと見る

この人物画「薄」は、に油絵具で写実的な絵画を描いている画靖知さんの作品。淡いに照らされて佇む女性の一の表情を切り取っている。「薄」では、ほんのりみを帯びたきめ細かない肌や、後れ毛の一本一本まで描かれた、手の筋や着物のしわなど、細部までリアルに表現。一方、背景は絵とわかるように描かれており、リアルな人物とのギャップによって、絵画全体は幻想的な雰囲気を醸している。


「薄」に加えて「」「い瞳」「永劫の迷宮」の計4作品をさんがTwitter投稿したところ、「写真にしか見えない」「8K画質の絵や..」「何か“今を生きてる”感じが素晴らしい」といった驚きや称賛のが殺到。また、「この女性モデルがいるのですか??それとも架でしょうか?」「着物の人物画と中の人物画に惚れましたw」「描かれている女性達の絵があまりにも私の好みのタイプ過ぎ」など、絵画の女性に魅せられた人からのコメントも相次ぎ、大きな反となっている。


さんによると、モデル実在の人物だが、描く過程で理想化しているとのこと。また、絵画の良し悪しを決めるとして、を一番緊して描きこんでいるという。さんは個展などで作品を展示販売しているが、人気の作品には購入希望が集まるため抽選となっている。次回展示を行う際はTwitterなどで告知するとしている。






画像提供:岡靖知(@yasutomooka)さん