ガイ・リッチー監督ロバートダウニーJr.&ジュードロウ共演の映画シャーロック・ホームズシリーズ2011年の第2作『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』以来の第3弾が長らく期待されているが、ロバートがそのプランの現状について触れた。

【写真】2作目『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』フォトギャラリー

 マーベル映画アイアンマンシリーズや『アベンジャーズシリーズで多忙をきたすロバート。他作品の製作や出演にも拍がかかっている。妻で映画プロデューサースーザン・ダウニー製作会社チームダウニーを経営する彼は、ヒュー・ロフティング原作の『ドリトル先生シリーズ映画化し、演を務めることも決まっている。

 今後のプロジェクトについて、Entertainment Weeklyのインタビューで、彼は「妻はジョー・ロスと“Doolittle”(ドリトル先生)の製作を進めている。といえば、自分に40くらいの課題を追加して楽しんでいるよ。ウエールの訛りへの挑戦とか…ウェールズ人でさえ、難しいらしいけどね!」とロバート

 続いて「他にもプロジェクト目白押しだ。『シャーロック・ホームズ』を検討している。HBO局向けに『ペリー・メイスン』ドラマ企画している。『ピノキオ』もまだ、やる気だよ」とり、『シャーロック・ホームズ』第3弾が白紙状態になっていないことを明らかにした。

 しかし、『シャーロック・ホームズ』の新作が実現するのは、まだ先の話になりそうだ。『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』(4月27日日本開)と『アベンジャーズ』第4弾を続けて撮影したロバートは、現在取りかかっている『ドリトル先生』の後に休みを取る可性も示唆している。

ロバート・ダウニー・Jr.が『シャーロック・ホームズ』第3弾に言及(※『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』場面写真)(C)AFLO