モバイル機器などを手がけるHTC NIPPON(東京都千代田区)は、SIMフリースマートフォン「U11 life」を2018年3月8日に発表した。MVNO(仮想移動体通信事業者)「楽天モバイル」では3月19日から発売する。

「スリープ」から握るだけで任意のアプリを指定して起動

両端を握って操作する「エッジ・センス」機能を搭載。スリープ状態から握るだけでカメラや任意のアプリを指定して起動できる。アクリルガラスを使用したボディーは保護等級を示す「IPX7」相当の防水、「IP6X」相当の防塵性能を備える。

独自AI(人工知能)「HTCセンス・コンパニオン」を備え、ユーザーのスマートフォン利用履歴を学習し、メモリーの空き容量を増やすため不要なファイルや未使用アプリの整理の提案のほか、旅行先での観光スポットやレストランなどの情報を必要なタイミングで提供できるという。

約5.2型フルHD(1920×1080ドット)ディスプレーを搭載。OSは「Android 8.0」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDカード(最大256GB)対応。1600万画素アウト/インカメラ、各種電子マネーが利用できる「おサイフケータイ」機能などを装備。バッテリー容量は2600mAh。SIMスロットはnanoSIM。

カラーはブリリアントブラック(楽天モバイル限定)、サファイアブルー、アイスホワイトの3色。一括払いでの価格は3万9800円(税別)。<J-CASTトレンド>

スリープ状態でも握れば使える