学校法人友学園」に関する決裁文書が書き換えられた問題を受けて、麻生太郎財務相は12日に自身の進退について「考えていない」とコメント。13日の午前中に行われた記者会見でも、続投の意欲を示した。

 産経新聞社FNNが11日までの2日間実施した世論調査によると、「即刻辞任を」または「書き換えが事実なら辞任を」と回答した割合は71、「辞任必要なし」と回答した割合は26.1だった。

 これに対して、ニコニコニュースは12日、Twitter上で「麻生氏の進退についてどうすべきだと考えるか」というアンケートを実施。「辞任すべき」と回答した割合は16、「辞任する必要はない」と回答した割合は62、「よくわからない」と回答した割合は22で、世論調査とは対照的な結果となった。(Twitterアンケート投票数:3,479票)