3月12日放送の『レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「それまでずっと専業主婦だったのに、80歳にして急に不動産屋さんを始めた上に24時間営業にしちゃったおばあちゃん。」が紹介され、そのエピソードに反が集まっています。

番組に登場したのは、東京都・小岩で売買専門の不動産『和田京子不動産』を経営するワダキョウコさん(現在88歳)とお孫さんのワダマサトシさん。キョウコさんは自宅の居間兼事務所で24時間ほぼ寝ずに仕事し、創業5年で年商5億円を達成している現役の不動産屋です。

そんなキョウコさんが不動産業に興味をもったきっかけは、自身がワケあり物件に住んでいることにあります。蛇口をひねってもが出ない物件や、トイレが使えない物件など、7件連続で60年間ワケあり住宅に暮らしていたというキョウコさん。

キョウコさんが専業主婦だった79歳の時に、最の夫が他界。心配した孫のマサトシさんは、キョウコさんに資格を取ることを勧めて、宅建(宅地建物取引士)のテキストを渡したそうです。

不動産に長年悩まされていたキョウコさんは、テキストを一気に読みから鱗が落ちたそう。熱心に知識を吸収したキョウコさんは、予備校入学。その後半年間学んだ知識を活かし、本番の宅建試験は一発合格しました。そして実務を覚えるために就活を始めますが、高齢で職歴なしで就職することは難しかったので、職歴なし、業界経験なしの状態で『和田京子不動産』を開業をします。

当時、IT業界に勤めていたマサトシさんが協し、“東京 不動産”と検索すると、上位に『和田京子不動産』が表示されるようにホームページを作成。そのおかげで初日から電話は鳴りっぱなしで、深夜まで電話が鳴りやまない状況でした。未経験で自信もなかったので、お客さんが来ても競合店の不動産に紹介してしまう始末。そんなこんなで2年間にわたって契約件数ゼロ収入で、サラリーマンだったマサトシさんが給料の手取り8割を会社の運営として渡していたそうです。

また、『和田京子不動産』は買からの仲介手数料無料にしていることで、同業者からの嫌がらせもありました。融通が利く不動産として365日間24時間営業をするキョウコさんの睡眠時間は均3時間で、営業中に眠らないようにベットを捨ててしまったといいます。その後、創業3年で初の契約を獲得し、前例があることで信用を得た『和田京子不動産』は順調に契約を重ねていったそうです。

このエピソードネット上では「ただただすごいんですけど」「とにかくすごいの一言」「孫も有能すぎやろ」「チャレンジあふれすぎ」とバイリティ溢れるキョウコさんを称賛する反応が多く集まっていました。

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』