相模鉄道が「五代うにゃトレイン」の運行を始めます。「そうにゃん」が体などにデザインされるほか、限定の色つり革も設置されます。

記念入場券セットを発売

相模鉄道2018年3月12日)、同社のキャラクター「そうにゃん」を車両ラッピングした「五代うにゃトレイン」を23日()から運行すると発表しました。

「そうにゃトレイン」は2014年デビューして以降、毎年デザインを変えて運行されています。「五代」は先頭車両をはじめ、内のにもそうにゃんをデザイン。また、そうにゃん柄の座席や、1車両に2本の割合で色のそうにゃんつり革も設置されます。

「五代うにゃトレイン」運行は2019年3月下旬までの予定です。

相模鉄道は、この編成の営業運転開始にあわせて「五代うにゃトレインデビュー記念入場券セット」を3月17日(土)に発売。販売数量は3500セットで、1回につき3セットまで購入できます。横長の硬いでできたD硬券2枚組で、価格は300(税込)です。

5月31日(木)までは相鉄線の横浜駅星川西谷駅二俣川駅大和駅海老名駅いずみ湘南台駅で、6月1日)から12月28日)までは海老名駅構内にある相鉄グッズショップ「そうにゃん」で、それぞれ購入できます。券面のデザインごとに異なります。

「五代目そうにゃんトレイン」先頭車両ラッピングのイメージ(画像:相模鉄道)。