JリーグG大阪戦から中2日の一戦 大久保の一撃も決まらず

 AFCチャンピオンズリーグACL)でグループステージ突破へ厳しい状況に追い込まれている川崎フロンターレは、勝利が必須なゲームの前半をスコアレスで終えた。13日のACLグループステージ第4節、敵地でメルボルン・ビクトリー(豪州)と対戦し、互いに攻め合いながらも得点が生まれず前半を0-0で終えている。

 川崎は、先週末のJリーグ第3節・G大阪戦から中2日という状況もあって、疲労を考慮してメンバーを大きく変更。FW小林MF阿部浩之をベンスタートにし、久々先発出場となったFW大久保嘉人を軸に据える布で重要な一戦に臨んだ。一方のメルボルン・ビクトリーは、現役オーストラリア代表FWジェームズトロイージやオランダ人FWリロイジョージがスタメンに名を連ねた。

 川崎は立ち上がりから積極的にプレスをかけてボールを回収。そこから左右、中央と多な攻撃で相手を攻め立てていく。前半2分、7分と知念が個人で相手を剥がしてシュートを打てば、同10分には大久保が右足を振り抜く。しかし、これは相手GKファインセーブに阻まれてボールバーを直撃し、ゴールとはならなかった。

 あと一歩のところでゴールが生まれない川崎は、同28分に大ピンチを招く。エドゥアルドのバックパスがズレると、GKチョン・ソンリョンのクリアが短く相手の元へ。そこから人のゴールシュートを狙われるも、なんとか谷口ゴールライン手前でクリアして絶体絶命ピンチを防いだ。このまま時間は過ぎ、前半をスコアレスで終えた。

 ここまで1分2敗でグループステージ突破には勝利がめられる川崎は、このままスコアレスで勝ち点1に終わると厳しい状況となる。後半にゴールをこじ開け、なんとしても勝利を手にしたいところだ。(Football ZONE web編集部)

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第4節メルボルン・ビクトリーと激突【写真:Getty Images】