アーセナルに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、ワトフォード戦の勝利を本当のサポーターげるとった。12日、イギリスイブニング・スタンダード』が伝えている。

 11日に行われたプレミアリーグ30ホームワトフォードと対戦したアーセナル。8分にドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのヘディングで先制すると、その後、ガボン代表FWピエール・エメリクオーバメヤンと、ムヒタリアンが追加点を挙げ、3−0で快勝した。

 これにより、リーグ戦4試合ぶりに勝利を収めたアーセナルは、12試合ぶりの完封で、元チェコ代表GKペトル・チェフは自身通算200回失点試合を達成。ドイツ代表MFメスト・エジルプレミアリーグ史上最速で50アシストを記録。さらにアーセナルプレミアリーグホームゲーム通算1000得点に到達するなど、記録ずくめの勝利となった。

 しかし、今シーズンの成績不振が原因で、最近はホームスタジアムであるエミレーツ・スタジアムでの試合で席が立つなど、ファンからの信頼を失いつつあるアーセナル。ムヒタリアンは、同試合の勝利を本当のサポーターげるとった。

たちはファンのためにプレーしている。今日スタジアムに訪れるはずだったかどうかは関係ない。たちはいつもスタジアムに来てサポートしてくれているファンのためにプレーしている。その人たちが本当のファンだ」

「勝っている時だけにスタジアムに来る人たちに言うことはない。いつもサポートしてくれる人たちには感謝を言いたい」

 また、お互いのゴールアシストし合ったオーバメヤンについては次のようにった。

「彼とプレーするのをいつも楽しんでいるよ。特別なことだね。今日ゴールは彼に感謝しないとね。たちは共に協し合って、さらに得点を重ねていくことができたらいいね」

ワトフォード戦で1G1Aの活躍を見せたムヒタリアン [写真]=Getty Images