放送中のドラマ「ドルメンX」(毎週土曜0:55-1:25日本テレビ)で、演を務める志尊地球侵略しにやって来た宇宙人隊長にふんしている。

【写真を見る】「ドルメンX」ポーズでキメッ!

一見クールだがとてもピュア。そして、っすぐでアイドルになるための努を惜しまないが、少し鈍感な一面もあるされキャラを熱演中の志尊に、作品に対する思いや現場の様子を聞いた。

原作をすぐに読んで物語に夢中に!

――“宇宙人”というしい役ですが、出演の話が来た時のお気持ちを教えてください。

最初から「宇宙人役です」って言われたわけではないですが(笑)、「こういう原作のお話です」と内容をお聞きして、原作を読ませていただいて「宇宙人なんだ」と知りました。

――原作をすぐ読まれたんですね?

すぐ読みました! 原作を読む時って、いつも“自分が演じる”ということを考えながら読むんですけど、この作品は途中から普通ストーリーに夢中になってしまい「どうなっていくんだろう?」と気になりました。新じゃないですか? アイドルになって地球を征するって(笑)

しかもその世界観も、笑いで外しているところもあれば、グイッと表情で締まるところもあって面かったですし、ドラマで登場人物それぞれの必死さが伝われば、すごくいい青春群像劇になるんじゃないかと思いました。

■ “隊長”ってどんな人?

――隊長というキャラクターの役作りについて教えてください。

読みの時や現場に入ってからも、監督プロデューサーさんに「これはどう行きますか?」って毎回相談させていただいてます。台本で明らかに「笑えるシーンだな」ってところも、隊長としては笑いを取りにいってしまうのは違うと思うんです。隊長の、抜けてるところや不器用さゆえに笑えるってところに持っていかなければいけないから、そういう面を必死に演じようと思っています。

――隊長はどんなキャラクターですか?

とにかくっすぐな人です。先のことや物事を計画的に考えるタイプではなくて、何か信じるものを持って自分のを進んでいく。それにみんながついてきてくれるっていう人です。感情に振り幅があるというか、「うれしい時は本当にうれしい」「熱くやる時は熱く」という、一つ一つのことにこんなにも熱中できるキャラクターはステキだなって思いますね。

描かれてない部分を想像すると、人との関わりなども含めてもいろんなものを大事にして生きている人だと思います。だけど、武不器用でうまくできないっていう“昭和の男”みたい。そこも見ていて、すごくらしいなって思います。

――心で思ったことが、に出てしまうシーンなどありますね。

そうなんです(笑)。そこも1回じゃなくて、何回も心のが駄々漏れしちゃうので大変で。みんなとの雰囲気をしっかりとなじませてから、監督と確認しながらやってます。でも、隊長一人だけ浮いてるんじゃないかと心配です(笑)

■ 現場では宇宙人メンバー大盛り上がり!

――同世代の共演者が多いと思いますが、現場の雰囲気を教えてください。

いやーもう、楽しいですね! 宇宙人メンバーはみんな一緒に仕事したことある人たちなので最初から心強かったです。ダンス練習もあったんですが、そこでチームワークも生まれましたし、スケジュールが大変な中で撮影していますけど、笑いが絶えない現場になっていることがうれしいですね。

毎日、何かしらで大爆笑してるんですけど、本当にくだらない内容なので、そんな誌面に載せていただくような大それたことじゃないです(笑)。みんな気を遣わないメンバーです。

――社長役の徳井義実さんは、そんな皆さんを「ほほ笑ましく見守ってる」とおっしゃってました。

徳井さんはほほ笑ましく、触れずにいてくれます(笑)堀井新太が独特なボディータッチをしてくるんですよ。そのタイミングでチラッと徳井さんを見たら、「うんうん」って(笑)

触れてくださらないっていう優しさですね、あれは。でも、もちろん徳井さんも一緒に楽しく話したりもしてくださるので、逆に気を遣わせてしまっていないかすごく心配です(笑)

ダンスレッスンは「部活みたいだった」

――本作には歌とダンスシーンもありますが、どのくらい練習されたのですか?

期間は2週間くらいだったんですが、1日の練習量が8時間の日もあって、ずっと踊り狂ってました。実は、お仕事の中でダンスを経験したことがあっても、得意ってメンバーもいないんです。でも、逆にそれがいいなと思ったんです。役自体もそうなので、たちがダンス練習して感じることや生まれるものが、作品に映ってる部分があるんじゃないかなって。

全員、振りが間違えないでできた!」っていう、その達成感だったり。ある種、部活みたいですよね。

お芝居以外のそういう部分が、画面からも伝わると思います! 格好良く見せているところではなくて、がむしゃらに汗だくでやってる姿がいいなぁって思ってもらえるのが一番うれしいです。そんな短期間で練習したライブシーンは、思い出のシーンですね。

――映画化(2018年開予定)も決まっていますが、視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

人間くさいシーンの数々の中に、歌やダンスやかさもあるので、飽きないで見ていただけるんじゃないかと思います。いろんな要素がギュッと詰まっているので、おなかいっぱいになっていただけるんじゃいかな。完成形がく見たいです!(取材は2月)

劇場版の追加シーンは、ドラマのその後が描かれています。「結局、地球はできたの!?」とか、気になると思いますが、アイドルとして活動していく中で彼らが何を感じていくのか、周りが変わっていく中で自分たちの本当の的は何なのかという部分が描かれています。

映画を見ていただいたら、エンドロールが終わっても席を立たないでほしいです、最後まで! 明かりがついてから余韻に浸ってほしいですね。最後までいろんなディテールが含まれていますし、情を込めて作っています。ドラマ映画も見ていただけたらうれしいです!(ザテレビジョン

「ドルメンX」で宇宙人役に挑戦中の志尊淳にインタビュー!