社員に過酷な労働を強いるブラック企業の対義として生まれた"ホワイト企業"。転職活動の際、多くの人が長く安定して働けるような企業める一方で、その判断基準は難しい。一般的には "ブラック企業"でも、そこで働く人たちが「ブラックだ」と感じていなければ「ホワイト企業」になってしまうからだ。

そこで今回は「キャリコネ」に「ホワイト企業」として投稿された口コミが、客観的に見て本当にホワイト企業か否かを判断していきたい。ぜひ自身の会社とべながら読み進めて欲しい。(※参照元 キャリコネ「ホワイト」)

「残業はありますが、他業種とべればまだまし」でもホワイト

本当にホワイト?

「残業はありますが、他業種とべればまだましなほうだと思います。均でだいたい4050時間なのでまあ普通だと思います。休日出勤はたまにありますが、きちんと代休取得できるので問題はないかと思います。基本的にしっかり休みも週2日はとれるので、その点ではホワイトだと思います」(ルートセールス 40代前半 男性 正社員)
「営業のかたは帰りが遅番だと遅くなるので大変な印です。しかし残業代もきちんとでますので、大変ホワイト企業だと感じます」(その他 30代前半 女性 正社員)

の残業が4050時間」「帰りが遅くなる」という時点で「ホワイト企業」と言えるのだろうか。サービス残業なんてもってのほかだが、そもそも「残業が発生すること」が大前提となっている時点で、ホワイト企業への仲間入りのは遠い。

ムダな会議や残業は非効率!これがホントのホワイト企業

「開発職は予想以上にホワイト。開発職の新人は原則定時退社。有給も理由を言わずに取って良い。休日出勤は聞いたことがない。残業代は1分単位で出る。社員全員が『効率的に働くべき』ということを意識できている」(研究開発 20代後半 男性 正社員)

「残業はど発生しないし、休日出勤をしている社員を見たことがい。残業は突発のトラブル生時の対応などで、止むを得ず残業したことはあるが、基本的に残業しなくても定時退社出来る様に業務配分がなされているので、数時間程度の残業しか発生せず、サービス残業も発生しない。労働環境は極めてホワイトです」(購買・資材 30代前半 男性 正社員)

会社勤めをしていれば、必ず突発的なトラブルが発生する。そういう時にこそ"残業"の出番なのではないだろうか。

突発的なトラブルにも冷静かつ丁寧に対処できるのは、時間に余裕があるからこそ成せる業だ。その点、普段から定時退社ができるような業務配分がされている企業は立ホワイト企業だと言える。

「働き方革」が推進されながらも、残業がなかなか減らないのは「お客様は神様」や「く帰るのは後ろめたい」といった日本人ならではのな気質にある。だからこそ上や上層部は「残業があって当たり前」という概念をなくす努をしなければならない。

「会社的には残業を抑えたいと考えているが、基本的には個人の判断に委ねる」という体制では、その企業はいつまでたってもグレーブラック企業のままだ。(※参照元 キャリコネ「ホワイト」)