IoT機器開発のニーズに最適化された幅広いST製品向けの組込みソフトウェアスイートに、Sigfoxネットワーク通信用ソフトウェアを追加
STM32マイコン低消費電RFトラシーバ、セキュア・エレメント、センサ、電制御用ICを使用したLPWAN対応製品の開発を加速

多種多様な電子機器に半導体提供する世界半導体メーカーSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、IoT向けサービス世界プロバイダであるSigfoxは、さまざまなアプリケーション向けのネットワーク接続機器の強い需要をサポートし、加速させるために協することを発表しました。ネットワーク接続機器の需要は、サプライ・チェーン・マネージメント、ビル・設備の保守ガスメータ、セキュリティ、交通機関農業、鉱業、ホームオートメーションといった幅広い用途で拡大しています。STの開発ツールSigfoxネットワーク通信用ソフトウェアを追加することで、LPWAN (広域ネットワーク) に対応した製品やソリューションの開発期間を短縮します。

STは、IoT機器とクラウドセキュアに接続するLPWANの標準規格としてSigfoxの普及を加速させるため、Sigfoxネットワーク通信用ソフトウェアマイクロコントローラマイコン)用ソフトウェアパッケージの一部として提供します。また、このソフトウェアパッケージには、STM32マイコンツールとの互換性も含まれています。今回の協により、業界をリードする汎用マイコンであるSTM32ファミリツールとの互換性を得られるほか、Sigfoxの技術にST独自の技術および製品ポートフォリオ最適化できるようになります。このポートフォリオには、高性低消費電Sub-GHzトラシーバのS2-LPに加えて、高度なセキュリティを備え、Sigfoxと互換性を有するセキュア・エレメントであるSTSAFE-A1SXのほか、多様なセンサ(モーション・センサ、環境センサ、オーディオ・センサ)、そして電ICおよび電制御用ICなどが含まれます。

Sigfoxについて
Sigfoxは、IoT向けコネクティティ提供する世界的なプロバイダです。何十億台もの機器を、最小限の消費電と可な限りシンプルインターネットに接続したグロバルネットワークを構築します。Sigfoxは、機器とクラウドをつなぐ通信への独自のアプローチにより、世界中にIoTを普及させる上で最大の障となる、コスト、消費電グロバルな拡性という3つの課題に対応します。

Sigfoxネットワークは、現在43ヶで展開されており、2018年中に60に拡大される予定です。多数の機器をネットワークに接続し、パートナーの開発エコシステムを急速に拡大させることで、Sigfoxは、企業ビジネスモデルを更にデジタル化されたサービスへと移行できるように後押しします。2010年Ludovic Le MoanとChristophe Fourtetが設立したSigfoxは、フランスの「IoTバレー」と呼ばれるトゥールーズ近郊ラベージュに本社を置き、パリ、マドリードミュンヘンボストンサンフランシスコ、ドバイシンガポールおよび東京に事業所を展開しています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性と高い電効率を特徴とした半導体提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社をえるお客様に半導体提供しており、2017年の売上は83.5億ドルでした。さらに詳しい情報STウェブサイトhttp://www.st.com )をご覧ください。

Sigfoxへのお問い合わせ先
Lucia Guzman - Public relations & Content manager
lucia.guzman@sigfox.com

STへのお問い合わせ先
お客様お問い合わせ先
108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラメモリセキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216

配信元企業STマイクロエレクトロニクス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ