女優浜辺美波演を務めるドラマ賭ケグルイ』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第9話が放送され、美稀の怪演にSNS上では「めちゃくちゃエロい」「振り切ってる!」などのが殺到した。

【写真】『賭ケグルイ』第9話フォトギャラリー

 本作はギャンブルの強さで生徒の階級が決まり、戦いに敗れると人間の尊厳や財産まで奪われる「私立花王学園」を舞台にした異色の学園ギャンブルドラマ原作刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載され、シリーズ累計400万部を突破、アニメ化もされた大人コミックだ。

 第9話は夢子辺)と生志摩妄()の対決からスタート。二人は「ESPゲーム」で対戦することに。「ESPゲーム」とは、対戦する2人がいる部屋とディーラーがいる部屋の2部屋を使うギャンブル。5枚それぞれ違う絵柄のカードディーラーがどう並べるかを予想するシンプルな内容だ。だが賭けるものはではなく命。勝者は敗者に向かって実弾入りの拳銃引き金を引くという常軌を逸したものだった。しかし夢子は勝負を受けるにあたり、3つの条件を提示。ひとつは「ディーラー井(高杉真宙)」、もうひとつは「敗者は勝者に10億円を支払う」、そして最後は「勝負は3セット」とすること。ついにESPゲームが始まろうとした時、夢子井に「あれをサインにすれば勝てます」と囁くのだった…。

 生徒会イチスリル狂として、リスク狂の夢子に倒錯したシンシーを抱いている妄。個性いのキャラクターの中でも特に異を放つクレイジーな彼女を演じているのは、2016年に『動物戦隊ジュウオウジャー』で女優としてデビューした美稀。彼女の怪演に視聴者からは「妄ちゃんが原作イメージがピッタリすぎる」「ほんと狂ってる」「エロい」「振り切ってる」など絶賛するコメントが集まった。

 また、まさに命がけのギャンブルとなった今回のゲームを、クールに乗り切ろうとする夢子の姿にネット上では、「ぷんすこ夢子可愛い」「無表情夢子イイ!」などのも寄せられていた。

『賭ケグルイ』第9話場面写真(C)河本ほむら・尚村透/SQUAREENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS