2018年1月4日に通訳案内士法が正され、通訳案内士(法正後は全通訳案内士)の資格を持っていなくても有償で通訳ガイドができるようになりました。この法正は、急増する訪日外国人観光客の多様なニーズや言などに対応することが的です。 客室乗務員(フライトアテンダント)として8年間働いた後、モスクワロシア)、ワルシャワ(ポーランド)で生活した経験を持つ通訳ガイドの相澤幸子さんに、外国人観光客と接する中で出合った文化や習慣の違い、外国人観光客人気の場所についてお話を伺ったので紹介します。

お客さまに何をどうやって案内するかが求められる

――通訳ガイドと通訳の違いについて教えてください。

よく混同されるのですが、通訳ガイドと通訳は違うんですよ。簡単にいうと、通訳は自分の意見や感情を入れず、話者の話したことをそのまま別の言に訳します。でも、通訳ガイドはお客さまのめる言を用いて自分の言葉を使って案内をする仕事です。つまり、シナリオ(話す内容)は自分で作ります。


――国家資格「通訳案内士」には、英語以外にどんな言があるのでしょうか?

通訳案内士の資格には、英語の他にフランス語スペイン語ドイツ語中国語イタリア語ポルトガル語ロシア語韓国語タイ語の9種類あります。私は英語だけですが、夫は英語ロシア語の通訳案内士の資格を持っています。夫は今は通訳ガイドの仕事はしておらず、ロシア語翻訳仕事をしています。


――通訳案内士の資格取得試験の内容はどのようなものなのでしょうか?

通訳案内士の第1次試験は筆記試験で、外国語日本歴史日本地理、一般常識に関して出題されます。私は2012年英検1級を取得していたので、外国語英語)の試験は免除されました。近年は外国語英語)の試験が免除されるハードルが低くなり、TOEIC®Listening & Reading Test840点以上、TOEIC®Speaking & Writing Tests、もしくはTOEIC®Speaking Testsでスピーキング150点以上、ライティングが160点以上のいずれか1つを満たせば免除となります。日本歴史地理、一般常識日本語による試験です。

第1次試験に合格すると第2次試験として面接があり、日本独特の文化や歴史など通訳ガイドの仕事に関わるようなテーマ外国語で説明するテストが行われます。

私は客室乗務員の仕事をしていた時、通訳案内士の試験に2回挑戦しても合格できませんでしたが、4年前に再チャレンジして合格できました。

下見、イラスト、台本……、通訳ガイドの仕事は準備が肝心

リサーチした内容や英語で解説するときのポイントなどが書かれたネタ帳
リサーチした内容や英語で解説するときのポイントなどが書かれたネタ

――最も印に残っている通訳ガイドの仕事を教えてください。

2017年に行った2週間のロングツアーが一番印に残っています。東京都内から富士山松本長野県)、金沢石川県)、京都まで移動した後、広島高野山(和歌山県)、大阪と貸切バスで回ったツアーです。関東圏だと何回もガイドしているのですが、この時は初めてガイドする場所も多かったので下見が大変でした。

閑散期には一般社団法人日本観光通訳協会が催する研修があって、今後ツアーに組み込まれると思われる場所やお客さまが好みそうな場所が研修の地として選ばれるので、そのような機会を利用して下見に行くこともあります。


――仕事中、いつも使っているものはありますか?

観光中、お客さまの印にしたり、建物などについて説明する際にポインターとして使用したりするリーダースティックと説明用の地図写真ファイル、そしてネタ帳はいつも持ち歩いています。

観光地ごと、テーマごとのネタ帳は10冊になり、それに合わせた写真ファイルも用意するので準備に時間がかかります。初めて訪れる観光場所について暗記するのに苦労しています。ネタ帳にはガイポイントや見どころ、お客さまが喜ばれるエピソードなどを書いています。

文化や習慣の違いに、知識や提案力で対応する

初ガイドの時のお客さま。地下鉄のエスカレーターでイタリア系アメリカ人カップルと自撮り
ガイドの時のお客さま。地下鉄エスカレーターイタリアアメリカカップル自撮り

――さまざまなから来たお客さまと接すると思いますが、文化や習慣が違って困ったことはありますか?

日本人とは文化や習慣が異なる方が多いため、通訳ガイドをしていて困ったことはあります。例えば、イスラム圏からいらっしゃったお客さまは宗教上の理由から豚肉が食べられません。事前に聞いていればレストランを選んでおくことができるのですが、急に対応しなくてはいけないときは大変です。どうしても食べられるものが見つからない場合は、デパ地下に行って食べられそうなものを選んでいただきます。

あとは、お祈りですね。イスラム教の方は1日に5回お祈りをしなくてはいけません。でも、イスラム教全員が必ず行うわけではないようで、海外旅行中はお祈り省略される人もいます。

また、お客さまの中にはファッション宗教上の理由でタトゥーを入れている人が少なくありませんので、温泉露天風呂に入ることを断られる場合があります。ですが以前にべると、外国人タトゥー入浴OKという施設も増えています。

お客さまはお金を出してわざわざ通訳ガイドを頼んでいるため、当然要は高くなります。富裕層の方が多く食事に対しても要が高いので、満足していただくためにお店も料理もしっかりと吟味しています。


――最近、外国人観光客人気がある場所はどこでしょうか?

外国人が喜ぶ場所と日本人の好む場所は少し違います東京都内だと明治宮や浅草秋葉原などが定番ですが、それ以外ではデパ地下が人気です。試食コーナーがあるからです(笑)。最初は遠慮されますが、一緒に行って「食べてみませんか?」と促すと挑戦してくださるんですよ。初めて食べる日本の食に感動される人も多いですね。ラーメン人気があり、特にとんこつラーメン好きなようです。

あとは、体験できる場所が喜ばれます。おすし作りができる店がとても人気ですし、忍者を体験したり着物を着たりするような日本の文化にじかに触れられるようなものが大変好まれます。温泉人気がありますが、人前で裸になることに抵抗を持たれる人たちもいらっしゃいますので、その場合は露天風呂付き客室を提案すると喜ばれます。


通訳案内士の資格取得試験は、最も受験者数が多い英語で合格率20%程度と簡単な試験ではありません。そして、通訳ガイドの仕事には入念な事前準備や機転を利かせるが欠かせないので、大変な面もあります。しかし、だからこそ日本を訪れた外国人観光客に楽しい時間を提供し、日本イメージアップに貢献できる職業だといえるでしょう。

通訳案内士の資格には10種類の言があります。得意な言があり少しでも通訳ガイドに興味がある人は、外国人から見た日本の魅について考えてみることから始めるといいかもしれませんね。

profile】通訳案内士 相澤幸子