チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが13日に行われ、ローマホームウクライナのシャフタールと対戦し、1−0と勝利を収めた。2戦合計で2−2としながらも、アウェイゴールの差で勝ち抜けを決めた。

 勝ち抜けを決めるゴールを決めたボスニアヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコが試合後にイタリアメディアメディアセット』のインタビューに応えた。

スタンディングオベーションは全選手のためのものだ。最後の最後まで自分たちのやるべきことを果たした。々はベスト8進出に値する戦いをした」とり、自ら重なゴール叩き出したが、準々決勝進出は全員によるものだと説した。

 そして、今の移籍市場ではチェルシー行きにあと一歩まで迫っていたが「まさにこのような試合を戦うために1月に移籍することは望んでいなかった」と残留を決断した理由を明かした。

ローマが10年間、成し遂げられなかったことをやり遂げることができた。準々決勝進出は、たち全員にとって素晴らしい誇りだ。次の対戦相手は考えていない。どこも強い相手だ。どこで戦っても、スタジアムは満員となるだろう。たちはベスト8の一であり、たちもまた優れたチームである」と10年ぶりのベスト8進出に胸をった。

勝ち抜けを決めるゴールを決めたジェコ [写真]=Getty Images