チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが13日に行われ、ローマホームウクライナのシャフタールと対戦し、1−0と勝利を収めた。2戦合計は2−2としながらも、アウェイゴールの差で勝ち抜けを決めた。

 フル出場を果たして勝利に貢献したイタリア代表DFアレサンドロ・フロレンツィが試合後にイタリアメディアメディアセット』のインタビューに応えた。

「あらゆる面で素晴らしい試合をした。ローマにふさわしい試合をしたと思う。勝ち抜けに値する。どこと対戦したいとは考えていない、上に進めることが素晴らしいことだ。好みなところはない」

 また、勝ち抜けを決めるゴールを決めたボスニアヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコについては次のように称賛した。

「ジェコはらのダイヤモンドだよ。とても大切な選手だ。今はと妻のいるに戻りたいと考えている。監督は、自分がどれほど地に足がついている選手か理解してくれている。時々、あまりを与えてくれず、たくさんのムチが多い時もあるけれどね」

ベスト8進出に貢献したフロレンツィ [写真]=Getty Images