仕事に疲れた老若男女から、健康志向の意識高い系まで支持層が広がるサウナマニアック検索で話題のサウナ検索サイトサウナキタイ』には全4420件もの施設が登録されているが、その中でもおススメは?

第1回&第2回に続き、週6回サウナ通いの強者もいる『サウナキタイ』制作メンバーを週プレ読モ・ミウラ(26歳)が直撃。メンバーがハマった全の“最高にととのう”サウナから、設備やサービスが個性的な施設まで教えてもらった。

* * *

―では、皆さんのおすすめサウナを教えてください。

ゆかり 宮前神奈川県川崎市)の「湯けむりのというスーパー銭湯。そこはアロマサウナストーンにかけて蒸気を発生させるロウリュのサービス女性にもある。風呂も冷たくて気持ちいいのと、外気浴が好きなので外で休むスペースが充実しているのもいいですね。女性施設でロウリュしてタオルで仰ぐサービスは限られているんです。

ひぎつね 実は昨日熊本「湯らっくす」に行ってて、めっちゃととのっちゃって(笑)。『サウナキタマガジン』でも1回特集してますけど、課長島耕作有給休暇をとって行きたいサウナというコンセプトがはっきりしてて、すごい良かったです。

15℃の深い風呂があって、熊本天然水かけ流しで半外のような感じなんですよ。すぐ露天風呂とつながっててイスが6コあって、そこに恍惚の表情をしたおっさんたちの屍(しかばね)が。そのひとつになってきました(笑)

―きれいな施設ですね。行きたいなぁ~。

ひぎつね 元々、施設が古かったんですが、地震で結構壊れちゃって、昨年リニューアルしてきれいになって。

あり 神戸サウナ&スパ」がめっちゃ好きです。すごい総合が高い。ふたつのサウナ室のレベルも高く温度もアツアツで、ひとつはフィンランド式でセルロウリュ、熱したサウナストーンにをかけて湿度も調整できる。TVなく、外が結構見えるんですよ。すごいリラックスできる。温度の違う風呂がふたつ、しかも中と外にある。

―外風呂いいですね!

あり なかなかないですよね。外気浴スペースがあって外でも休めるし、しかもハマムっていう岩盤スペースが浴室ゾーンにもあって、そこでも休めるし、なんかすげえなと。

施設は一大ビルになってて、メシもうまいし、マンガもあるし、泊まれるし、なんならジムとかもちょっとお金払えば行けるし、24時間営業で館内着とかも使い放題なので、本当に最高でずっと住みたいなと。神戸サウナは全トップクラス

かぼちゃ らふたりは関西出身なので、年末は神戸サウナで会って開発合宿も兼ねて3泊しました(笑)が大好きな施設は埼玉県にある「湯の 健康センターです。

何がいいかというと、サウナ室と風呂が外にあるんです。サウナ温度すごい高くて汗が出やすく、サウナから出たらすぐ風呂でその場で休憩できるという導線もいい。サウナマットが使い放題な上に元々敷いてるマットも何回も交換しにきたり、すごい清潔です。

浴室に湯があって、それ入ってからサウナに入るとより刺的なサウナが体験できる。ピリピリする湯で、あんま長く入りすぎるとサウナ室でやけどしたような感覚になるからバランスは難しいんですけど、とても良い。

昔ながらの施設なので食堂ではカラオケ大会やビンゴ大会とかもあって、土日は地元のじいさんばあさんたちがワイワイやっている雰囲気も大好きです。ごはんもうまいので、メシ食って気づいたら1日が終わっていたという。そんな施設です。加以外にも湯のグループの施設は「相模健康センター」「東名厚木健康センター」とあり、どこも最高です

―結構、一点特化ではなく総合が前提になっている気が。他にも気になる施設はありますか?

あり サイトではサウナ温度120℃まで検索できますが、実は160も存在する。厳密にいうとサウナかわかんないですけど、日本古来の石風呂で「から風呂っていうのが香川県さぬき市にあって、それは裸ではなく着てないと熱くて入れない。

―わー、死んじゃう…。

あり 風呂が一番冷たいところだと、名古屋に最近できた「ウェルビー栄」の2℃。フィンランド北部のラップランドサウナ文化を日本に伝えたいというアツい施設で。凍ったけて飛び込むんですけど、それを日本に…。まだ入ってないんですけど、聞くところによると10秒くらいがマックスだと…。

かぼちゃ カルチャーショックが強かったのが大阪にある「スパプラザ」あかすりマッサージサウナコースになってて、料8500円~。サウナに入ってると番号を呼ばれて、座ってあかすりをして全身洗ってもらって、そのままマッサージ極楽体験。

終わったらガウン着せてもらって、食堂に通されてそこに板前さんとかがいて…。吸い放題のたばこが置かれてたり、昭和っぽいというか、なんだこれ?と。

貴族の気分になれそうですね。

あり さっきの「ウェルビー栄」と同じ系列で「ウェルビー今池」名古屋にあるんですけど、そこはまた「からふろ」という特殊なサウナがある。ひとりほどしか入れない間で、畳が敷いてるんですよ。まるで茶室のようなスペースサウナストーンが置いてあって、入り口も狭くも入らない暗い間にひとりでお茶を入れるような感じで正座するという。

―まさに“茶道(サ)”みたいな! 興味深いです。では最後に今後の展望を教えてください!

あり どこのサウナに行ったかをログできるような機を作りたい。いろんなサウナに行ったから偉いということはないんですけど、質にこだわるなら、外気浴だったら…といろいろ違いを楽しみたくなる。となると、どこに行ったのかちゃんと記録できるような機をがほしい。自分用にもいいし、他の人に開しても参考になる。

レビューがないのはポイントかなと思ったんですが。

あり そうですね。サウナの好きなポイント人それぞれなので、ひとりがつけたレビューがそのままそサウナ施設の評価になったりするのは違うかなと。あくまで自分で好きなポイントを探してほしい。あとは自分のよく行く近くのサウナレビューが低かったらイヤじゃないですか。そこはかぼちゃさんと最初に言ってたことですね。

かぼちゃ 今ってサウナはあるけどを入れてない施設もあるんですよ。『サウナキタイ』がもっと盛り上って施設側にもサウナ好きがこんなにいるんだということが伝わり、サウナに入る環境が良くなればいいなと思ってます。

その次にサウナ文化が広がっていって、もっと増えたらいいなというのがあります。日本にはあまりないプライベートサウナも増えるといいなあ。そのためには、サウナ好きだけでなく『サウナキタイ』きっかけでこれからサウナに行ってみようと思う人をもっと増やしたいですね。

ありがとうございました! 皆さんの情熱と予想以上に筋入りのサウナーぶりに刺を受けました!

かぼちゃ 次はサウナで会いましょう(笑)

(取材/ミウラヨシタカ[ビーワークス] 写真提供サウナキタイ)

サウナキタイ https://sauna-ikitai.com/

課長島耕作も有給休暇をとって行きたい!? 160℃の石風呂から2℃の水風呂まで…極上&珍サウナ