中国メディア東方網は13日、「今年も60万人以上が日本を見に行くというが、どうして中国内で見ないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本に対してネガティブな見方をする人が多くいる一方で、実に多くの人が毎年日本旅行する。そして、日本は3-5月観光のピークを迎える。シーズンがやって来るのだ。ツアーにしても個人旅行にしても人気が高く、チケット価格も上昇するのである」とした。

 そのうえで、今年のシーズンにはのべ60万人日本を訪れ、80億元(約1350億円)を消費するとの予測が出ていることを紹介。「どうしてこれほど多くの人が日本に執心するのか。中国内では本当にが見られないのか」と疑問を提起している。

 そして、中国内でも実は多くの都市美しいが見られると摘。江では南大学鳴寺で見物が無料でできるほか、東北部の都市遼寧大連でも5月にはが満開になると紹介した。また、の武大学でも毎年見物に多くの観光客がやって来ると説明したうえで「まさか、SNSに載せるためだけに日本に行くのではあるまいな」としている。

 記事は、多くの中国人観光客が日本花見をする理由について、多くのネットユーザーが「中国を見ると、人が多すぎる。どこに行っても人の波で、身動きが取れない」と答えていると紹介。「じゃあ、日本に行ったら人は少ないのか。一部の人から見れば、外かぶれだと感じるに違いない」と評した。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

どうして中国にも桜があるのに、日本に花見に行くの? 中国人が放った一言は・・・=中国メディア