マクドナルド(以下 マクド)は手軽に安価で美味しいファストフード店として知られているが、実は複数の裏メニューや裏オーダーが存在し、客のわがままを聞いてくれる柔軟な店でもある。

・知らない人が多い裏メニュー
今回は、そんなマクドの裏メニューと裏オーダーをいくつか紹介したいと思う。マクドファンならば知ってて当然のネタもあると思うが、知らない人のほうが多いようなので、めて紹介させていただく。

・知られざるマクドナルドの裏メニュー&裏オーダー
1. 無料で具の大盛り可能である
マクドハンバーガー無料で具を増量できる。つまり具の大盛りが可なのである。増量できるのは、オニオンケチャップマスタードピクルスなど。パティレタスは増量できないので注意しよう。

2. パティを倍にできる
マクド(以下マック)は2018年3月19日からハンバーガーパティやフライを有料で2倍にできるボリュームアップサービスを開始します。

ダブルチーズバーガーはパティが4枚になるし、倍えびフィレオの場合はえびフライが2枚サンドされます。

3. ドリンク量を無料で増やす方法
リンクのSサイズを氷ナシで注文するとMサイズ分のドリンクを入れてもらえることがあります。ドリンクのMサイズを氷ナシで注文するとLサイズ分のドリンクを入れてもらえることがあります。

リンクのLサイズを氷ナシで注文すると、より多くのドリンクを入れてもらえることがあります。

4. ナシのマックフライポテトを注文可
ハンバーガーには欠かせない大人気のマックフライポテトですが、実はなしを注文することが可です。ナシを注文すると、プレーンなおいもの美味しさを楽しむことが可です。

ただし、ナシを注文すると作り置きのマックフライポテトを使用できないため、手間がかかるので、忙しい時間帯はナシのオーダーは控えたいですね。

5. 揚げたてマックフライポテトを食べることが可
上記で紹介した「ナシのマックフライポテト」を注文すると、必然的に揚げたてのマックフライポテトが食べられます。なぜなら、作り置きされているマックフライポテトがられている状態のため、「ナシ」をオーダーすると、新たにマックフライポテトを揚げなくてはならないのです。

また店舗によっては「揚げたてください」とストレートにお願いすると、揚げたてのがかかったマックフライポテトが食べられることもあります。

6. ハンバーガーの箱を紙にしてくれる
ハンバーガーの種類によって、入りだったり、包装だったり、包んでいるものが変化します。しかしながら、通常は入りでも「に包んでください」と言えば、ではなく包装に包んで提供してくれるのです。

7. デリバリーでもスマイル購入可能
マックの美味しいハンバーガーを宅配してくれる、マックデリバリー。実はオーダー時に「スマイル0円」を注することができるのです。

しかも、しっかりとスマイルに見える形で運んでくれます。なんと、袋にメッセージイラストを書いてくれるのです! これは心が癒やされる嬉しいサービスですね。

もっと詳しく読む: 知られざるマクドナルドの裏メニュー&裏オーダー方法を公開(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/03/14/mcdonalds-ura-menu/