カブス戦で3者退の快投、パドレスインスタ動画開「えげつない球」

 パドレス牧田和久投手が13日(日本時間14日)、カブス戦でオープン戦5度のマウンドに上がり、1回安打失点2奪三振と好投した。変幻自在の投球で2試合連続失点。「サブマリン」右腕への注度は次第に高まっており、パドレスが球団公式インスタグラムでこの日の登板動画付きで紹介すると、「イカしている」「クレイジー」などと称賛のが上がった。

 牧田は4-4の6回に登板。先頭のフリーマンを空振三振って取ると、ジメネスも見逃し三振。続くボージャスを遊ゴロに打ち取り、3者退に仕留めた。高低、そして緩急をつけた変幻自在の投球。持ち味を存分に発揮し、ファンを魅了した。

 球団公式インスタグラムでは、フリーマン、ジメネスをそれぞれ三振に仕留めた投球を動画投稿。ジメネスは全くタイミングを取れない様子で最後のボールを見逃し、三振の後は立ちつくしている。「カズヒサ・マキタとえげつない球」との一言が添えられた投稿に驚きのコメントが続々と寄せられた。

「本当にイカしてる」

「これはクレイジーだ」

「えげつない」

アメージングな球だ! サンディエゴでの彼の登板が待ちきれないよ」

未来レジェンドく生で見たい!」

素晴らしい!!」

ファンタスティック!!」

マジシャン

「最高の投球」

「腕の度がえげつない」

「彼のジャージー(ユニフォーム)を買うよ」

 くもパドレスファンの心をがっちりと掴んでいる様子。セットアッパーとして期待されている「サブマリン」右腕のメジャーデビューを待ち望んでいるファンは多いようだ。(Full-Count編集部)

パドレス・牧田和久【写真:田口有史】