大坂なおみが愛される理由? 天真爛漫な発言、海外でも人気の20歳を大特集

 女子テニスのシングルス世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)がBNPパリバ・オープンで「ナオミ旋風」を巻き起こしている。13日(日本時間14日)のシングルス4回戦で同58位のマリア・サッカリ(ギリシャ)をフルセットの末に6-1、5-7、6-1で撃破。記念のツアー50勝目で8強進出を果たしたが、米メディアでは絶大な人気を博す20歳の不思議キャラな発言に注目している。

「大爆笑したい? それなら、新星ナオミ・オオサカの発言すべてに耳を傾けるべし」と特集したのは、大手スポーツ専門局「ESPN」だった。

 記事によると、インディアンウェルズで行われている大会中、大坂は昨年12月からコーチに就任したサーシャ・ベイジン氏とランチタイムと日本語の授業で盛り上がっていたという。

「日本語で愚か者(idiot)って何ていうの?」というコーチの質問に「クツって言うの」と答えた大坂。「idiot」という海外のシューズブランドにかけたのか。得意満面に「クツ」を連発したベイジンコーチの姿に20歳は笑いが止まらなかったという。

 のちほど、「クツ」の意味は「シューズ」と訂正したという大坂について、記事は「オオサカの何てユーモアなんだ。WTAの最も輝ける若手の1人だ」とお茶目な素顔に大ウケしている。

 特集では、実力についても高く評価している。

「わずか20歳にして、日本生まれのテニススターは2016年のデビューから信じられないほどの台頭を見せている。アンゲリク・ケルバー、ビーナス・ウィリアムズのようなトップ10選手から勝利している」

ポケモンソングを暗唱? CMが頭から離れない? 数々の「ナオミ伝説」

 このように伸び盛りのキャリアを紹介した上で「BNPパリバ・オープンでは衝撃的な快進撃」と言及。今季全豪オープンで4回戦進出し、2016年にはWTAの「ニューカーマー・オブ・ザ・イヤー」も受賞した活躍も紹介している。

 そんな大坂にはアメリカのテニスファンを惹きつける魅力があるという。

「彼女は独特な一風変わったユーモアと個性でファンとレポーターを魅了している。ビッグサーブと爆発的なパワー、そして、インタビューでの突如放つ、引用に適したジョークと、時折見せる流動的な思考で、だ。彼女はかつてポケモンのテーマソングを暗唱し、中皮腫予防の啓発のコマーシャルのことが頭から離れないと認めていた」

 天真爛漫なナオミ伝説を紹介し、さらにハイチ人の父親と日本人の母親の間で日本で生まれたアメリカ育ちの大坂には不得手なものがあるという。

「日本語のインタビューには完全な自信がまだ持っていない」と分析。記者会見で日本語での対応については「ちょっとストレスになってしまうの。でも、OKよ。マイアミ(オープン)からスタートするかもしれないわ」と語った後、「OK。明日かもしれない。明後日かも」とユーモアを交え、対応したエピソードも紹介している。

 記事では、かつて女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)のヒッティングパートナーだったベイジン氏は大坂の素顔をこう証言している。

「なぜ、みんなが自分の応援をしているのか、わからないの。全くわからない」

「彼女は本当にシャイなんだ。あまり話をしないから、彼女のことをほとんど知らなかったんだ。いつも彼女には大舞台に立てる大きなポテンシャルがあると知っていたが、彼女はとんでもないほど傲慢になるだろうなと考えていたんだ。

 なぜなら無口だからね。しかし、驚いたよ。彼女は本当に可愛らしいんだ。とてもユニークなユーモアのセンスの持ち主だね。皮肉屋さんでもあり、彼女自身すごく楽しんでいるよ。彼女と一緒にいることは最高に楽しいよ。地に足が着いたタイプだね」

 そんな大坂は14日(日本時間15日)の自身初となる準々決勝では世界ランク5位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。インディアンウェルズでも観衆の歓声を一身に浴びているが、人気の理由を大坂自身は理解していないという。

「なぜ、みんなが自分の応援をしているのか、わからないの。全くわからない。でも、感謝しています。どんな理由でも、私はサンキューと言いたいの」と本人は語ったという。

 対戦相手に敬意を払い、観衆への感謝を忘れない大坂の礼儀正しさもアメリカの観衆を惹きつける理由の一つだ。(THE ANSWER編集部)

大坂なおみ【写真:Getty Images】