前半2失点の時点でゴール裏からブーイング 後半にも攻め込まれて1-4で敗戦

 浦和レッズホームで大敗を喫し、スタジアムが大ブーイングに包まれた。14日のルヴァンカップグループステージ第2節でガンバ大阪ホームで迎え撃ったが、1-4で敗戦。2失点を喫したハーフタイムの時点で、サポーターから怒りのが飛んだ。

 前節で名古屋グランパスに4-1と大勝していた浦和は、U-21デビュー戦2ゴールのFW荻原拓也を継続起用。しかし、試合開始から勢い良く立ち上がったG大阪の攻撃に守備が持ちこたえられず、前半10分にMF澤仁の速いクロスをFWファン・ウィジョに蹴り込まれて先制を許した。

 その後はボール保持率を持ち直した浦和だったが、ゴール前にはなかなか入り込めず。逆に前半41分、右サイドへのシンプルサイドチェンジに対して全体の反応が緩慢になり、DFオ・ジェソクが上げたアーリークロスはFW長沢駿の頭にピタリ。クロスの出どころも、シューター全にフリーだった。0-2でハーフタイム突入になると、浦和サポーターが集まるゴール裏からは強ブーイングが飛んだ。

 G大阪は前半だけでFWアデミウソンをベンチに下げる余裕の采配を見せ、17歳のFW中村敬斗をピッチへ。浦和孝史監督MF青木拓矢を投入したが、後半9分にはG大阪コーナーキックセカンドボールを拾い、長沢がこの日2点リードを3点に広げた。

 浦和は後半34分に今季柏レイソルから加入したMF武富孝介が最終ラインの裏に抜けると、オフサイドアピールしたG大阪の最終ラインの対応が遅れて、倒れ込みながらゴールにねじ込んだ。しかし、その後の時間帯はG大阪ボールを支配され、同42分には自から中村に突破を許してプロゴールを許して4点ホームで1-4と大敗を喫した。

 G大阪は今季公式戦初勝利をマーク浦和ホームゲーム公式戦2連敗となり、昨季アジア王者を勝ち取ったチームの低調ぶりに、サポーターの不満は急速に高まっている。(Football ZONE web編集部)

前半2失点の時点でゴール裏からブーイング 後半にも攻め込まれて1-4で敗戦【写真:Getty Images】