亀川が相手アタッカーを倒して一発退場、数的劣勢のまま75分間を戦うことに

 柏レイソルは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第4節、傑志(香港)戦に臨んだ。開始15分で退場者を出す苦しい展開となったが、0-0で前半を折り返している。

 柏は3試合を終えて1勝1分1敗のグループ3位。決勝トーナメント進出へ勝ち点を得たい一戦、15日に発表される日本代表3月シリーズ招集候補のMF伊東純也、GK中村航輔、そして得点源のFWクリスティアーノがベンチスタートとなった。対する傑志は、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランがスタメンでピッチに立った。

 試合は一進一退で進んだが、同15分に大きな判定が下る。ロングボールを処理しようとしたDF亀川諒史の足が突っ込んできた相手アタッカーに当たってしまい、ファウルの判定が下る。これが決定機阻止とみなされ、亀川に一発レッドカードが提示された。

 これによって柏は、残り75分間を10人で戦わざるを得ない苦境に。その3分後にはこの日誕生日のFW山崎亮平に代え、DF小池龍太を投入せざるを得なくなった。

 それでも柏はMFハモン・ロペスを中心にカウンターを仕掛けた。ただ、前半34分にはフォルランに際どいミドルシュートを浴びるなど、肝を冷やす場面も見られた。果たしてこの苦境を変えるヒーローは後半に現れるか。(Football ZONE web編集部)