2018 JリーグYBCヴァンカップグループステージ第2節が14日に行われた。

 グループAではFC東京がFW久保建英トップチームゴールアルビレックス新潟に1-0と勝利。今季公式戦初を挙げた。横浜F・マリノスベガルタ仙台の一戦はスコアレスドローに終わっている。

 グループBではジュビロ磐田が敵地で北海道コンサドーレ札幌に1-0で勝利。互いに連勝を狙うヴァンフォーレ甲府清水エスパルスの一戦は、ホーム甲府に軍配が上がった。

 グループCでは今季公式戦4連敗と絶不調のガンバ大阪がアウェイ浦和レッズと対戦。前半のうちに2点を先行したG大阪は後半にも2ゴール奪い、4-1の大勝で今季初を挙げた。また、リーグ戦3連勝と好調のサンフレッチェ広島ホーム名古屋グランパス相手に2-1と競り勝っている。

 グループDではともに今季J1に昇格したV・ファーレン長崎湘南ベルマーレが対戦。4分に先制を許した長崎だが、直後に同点とすると、終盤に逆転ゴールを奪って2-1で勝利を収めた。ヴィッセル神戸サガン鳥栖とのアウェイゲームを2-0で制した。

 結果は以下のとおり。

■ルヴァンカップ第2節
グループA
FC東京 1-0 アルビレックス新潟
横浜F・マリノス 0-0 ベガルタ仙台

グループB
北海道コンサドーレ札幌 0-1 ジュビロ磐田
ヴァンフォーレ甲府 1-0 清水エスパルス

グループC
サンフレッチェ広島 2-1 名古屋グランパス
浦和レッズ 1-4 ガンバ大阪

グループD
V・ファーレン長崎 2-1 湘南ベルマーレ
サガン鳥栖 0-2 ヴィッセル神戸

■ルヴァンカップ第2節順位
グループA
1位 横浜FM(勝ち点4/得失点差+1)
2位 FC東京(勝ち点3/得失点差0)
3位 仙台(勝ち点2/得失点差0)
4位 新潟(勝ち点1/得失点差-1)

グループB
1位 甲府(勝ち点6/得失点差+4)
2位 清水(勝ち点3/得失点差0)
3位 磐田(勝ち点3/得失点差0)
4位 札幌(勝ち点0/得失点差-4)

グループC
1位 広島(勝ち点6/得失点差+5)
2位 浦和(勝ち点3/得失点差0)
2位 G大阪(勝ち点3/得失点差-1)
4位 名古屋(勝ち点0/得失点差-4)

グループD
1位 神戸(勝ち点4/得失点差2)
1位 長崎(勝ち点4/得失点差1)
3位 湘南(勝ち点3/得失点差0)
4位 鳥栖(勝ち点0/得失点差-3)

■ルヴァンカップ第3節対戦カード4月4日
グループA
仙台 vs FC東京
新潟 vs 横浜FM

グループB
清水 vs 札幌
磐田 vs 甲府

グループC
名古屋 vs G大阪
広島 vs 浦和

グループD
湘南 vs 神戸
長崎 vs 鳥栖

G大阪が浦和を下し、今季公式戦初勝利を挙げた [写真]=J.LEAGUE