スティーブン・ホーキング博士3月14日、死去した。76歳だった。著名な物理学者であるホーキング博士は、21歳の時にルー・ゲーリック病とも呼ばれる筋萎縮性側索硬化症ALS)を発症して余命2年と宣告されて以来、車椅子合成音声装置で会話する生活を余儀なくされていた。

ホーキング博士医師から宣告された余命よりもはるかに長く生きたものの、遂にその難病との戦いに終止符が打たれたかたちとなった。

ホーキング博士家族は、次のような明を発表している。

今日すべきが亡くなり、私たちは深い悲しみに暮れています。は、残した業績や伝説が何十年もり継がれるような偉大な科学者であり、傑出した人でした。その勇気り強さは、優れた才気やユーモアと共に、世界中の人々を鼓舞していました。はかつて『もしする人たちが住んでいなければ、宇宙なんてたいしたものではない』と言っていたものです」

ブラックホール相対性理論についての研究で有名なホーキング博士は、様々な科学に関する本を執筆しており、その中の1冊「ホーキング宇宙る―ビッグバンからブラックホールまで」では、宇宙について分かりやすく解説し、世界中で1000万部以上を売り上げた。