チャンピオンズリーグCL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが14日に行われ、ベシクタシュとバイエルンが対戦した。

 ファーストレグホームで5-0の大勝を収めたバイエルン。敵地でのセカンドレグでも開始18分に先制する。トーマス・ミュラーが右サイドから精確なクロスを送ると、ファーに走り込んだチアゴアルカンタラが合わせてゴールネットを揺らした。

 1-0で折り返しバイエルンは後半開始直後の46分、右サイドラフィーニャがクロスを入れると、相手DFギョクハン・ギョニュルのオウンゴールを誘発し、この試合2点を獲得。しかしベシクタシュも相手の隙を突いて一矢報いる。59分、ギョニュルが右サイド高い位置でダヴィド・アラバのパスミスカットすると、すばやくエリア内にパス。これを受けたヴァグネルラヴが倒れ込みながら、ゴール左隅に流し込んで意地の1発を決めた。

 バイエルンはこのラウンドで初失点を喫したが、84分には左サイドのアラバがクロスを送ると、中央フリーのザンドロ・ヴァーグナーが胸で押し込み、ダメ押しゴールバイエルンが3-1で連勝を飾り、2試合合計8-1で7年連続のCLベスト8進出を果たした。

スコア
ベシクタシュ 1-3(2試合合計:1-8) バイエルン

【得点者】
0-1 18分 チアゴアルカンタラバイエルン
0-2 46分 オウンゴール(ギョクハン・ギョニュル)(バイエルン
1-2 59分 ヴァグネルラヴ(ベシクタシュ)
1-3 84分 ザンドロ・ヴァーグナーバイエルン

バイエルンが連勝で7年連続のCL準々決勝へ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images