「ワタミ」創業者の渡邉美樹参議院議員(自民党)が参院予算委員会の公聴会で「週休7日が人間にとって幸せなのか」などと発言したことを受け、2008年にワタミ子会社で過労死した森美菜さん(当時26)の両親が3月22日、「何の反省もしていなかったとしか思えません」などとするコメントを発表した。

渡邉議員は3月13日の公聴会で、公述人の中原のり子氏(東京過労死を考える家族の会代表)に質問。働き方改革をめぐる国会での議論を聞いていると、「働くことが悪いこと」のように聞こえる、「週休7日が人間にとって幸せなのか」などと述べた。渡邉議員は3月16日、中原氏に謝罪。該当部分は議事録から削除された。

コメントの中で森さんの両親は、渡邉議員の「週休7日が幸せなのか」という発言について、「ワタミの理念だった『24時間365日働け』という言葉の裏返し」のように聞こえると指摘。ワタミや渡邉議員を今後も「監視し続けなければいけない」としている。

また、渡邉議員が「私も10年前に愛する社員を亡くしている経営者」と述べた点についても、「私たちの娘について『愛する』と軽々しく言ってほしくありません。渡邉氏は社員を愛していなかったから、過酷な勤務を強いて娘を死に追いやったのではないか」と怒りをこめた。

コメントは、東京過労死を考える家族の会を通して発表された。夫を過労死で亡くしている同会の渡辺しのぶさんは、渡邉氏が党の指示で質問に立ったと説明していることについて、「自民党は、過労死遺族に渡邉議員をぶつけて、面白がっているとしか感じられませんでした」と不快感をあらわにした。

亡くなった森さんは、ワタミの子会社「ワタミフードサービス」に入社2か月後、過労自殺。残業時間は月140時間以上あった。遺族対応もまずく、社会的な批判にさらされた(2015年和解)。

(弁護士ドットコムニュース)

ワタミ過労死遺族「何の反省もしていない」、渡邉美樹氏の「週休7日が幸せなのか」発言に抗議