チーズといえば、ワインに合わせるおつまみだと思っている人も多いと思いますが、実は日本酒にも合う万発酵食品です。

 そこで、今回は日本酒に合うチーズを教えてもらうべく、表参道に期間限定で開催されている「LA MAISON DU FROMAGE(ラ・メゾン・デュ・フロマージュ)」にお邪魔し、日本酒チーズの組み合わせ方を学んできましたのでご紹介します。

アミノ酸が多い吟醸酒はチーズの旨みと相性抜群

 こちらのミニセミナーの講師を務めるのは、恵寿の「GEM bu moto」の店長千葉麻里絵さん。千葉さん大学化学を学んだ経験を活かし、化学的な理論で日本酒を突き詰めているそうです。

千葉さんは利酒師の資格も持つ。蔵元との交流を礎に、日本酒の魅力を広く伝えるコラボレーションも多数行う
千葉さんは利師の資格も持つ。蔵元との交流を礎に、日本酒の魅を広く伝えるコラボレーションも多数行う

 今回は、用意された2種類の日本酒に合う各2種類のチーズの試食をさせてもらいます。この日テイスティングしたのは、吟醸の「鳳凰美田 Black Phoenix」との「生 満寿」。

「鳳凰美田」は栃木県の小林酒造の吟醸酒で、甘い味わいの出やすい酒米「愛山」という酒米を100%使用している
鳳凰美田」は栃木県小林造の吟醸で、甘い味わいの出やすい山」という100%使用している

 鳳凰美田のようなフルーティーな香りのする吟醸にはアミノ酸が多く含まれています。そして、このアミノ酸は“旨み成分”のもととなるもので、この旨みがチーズの旨みにも合うのだとか。

 日本酒に合わせるチーズの大本命は「ミモレット」だそう。旨みが強く、カラスミのような味わいだと例えられるミモレットは、日本酒と好相性です。

 しかし、今回組み合わせたのは「マンステール」と「コンテ18か」。マンステールはウォッシュタイプチーズで、表面に少しり気があります。納豆のような感じがあり、多少の匂いはあるものの、日本人には較的食べやすいチーズだそうです。

左上から時計回りに、マンステール、コンテ18か月、ラングル、フルムダンベール
左上から時計回りに、マンステール、コンテ18かラングル、フルダンベール

 実際にマンステールと鳳凰美田を一緒にいただくと、想像以上に相性抜群! フルーティー日本酒とねっとりクリーミーなチーズの口当たりは、絶妙なマリアージュを生み出しています。

 コンテは、少し固めのチーズで、パキッと割って食べることで香りが引き立つそう。チーズ自体にはほぼクセがないのですが、18か熟成させたことで、パイナップルナッツのような香りが出ています。鳳凰美田と合わせると不思議とトロピカルな感じがして、チーズは軽く、お酒味が出てきます。較的購入しやすく、カットして持ち歩きやすいチーズなので、お花見では大活躍しそうです。

 一般的に日本酒にはあっさりしたチーズを合わせがちですが、チーズタンパク質が旨み成分に、脂肪分は香り成分に変化していくので、熟成したチーズを合わせるのもひとつの手です。

貴醸酒×ブルーチーズは鉄板の組み合わせ

 の満寿に合わせていただくのは、「フルダンベール」と「ラングル」というチーズフルダンベールカビタイプではあるものの、見たカビの多さにべるとマイルドな味わいです。筆者もブルーチーズは少し苦手だったのですが、フルダンベールはおいしくいただけました。

 そんなブルーチーズと満寿の組み合わせは、たとえるならチーズはちみつをかけて食べるような感じです。そもそも、とはの代わりにで仕込んだなので、自体の甘みがかなり強く出ています。濃厚でとろりとした味わいが、ブルーチーズに合わないわけないですよね。

 それに対し、ウォッシュタイプラングルは、独特の匂いもあるものの、ヨーグルトのような味や、食べたときに少し口の中にざらつきの残るチョーク状に仕上がっています。と合わせたときにパイナップルのような味が出てきて、なかなか不思議な味わいになりました。チーズ単体では苦手な人も、とこの組み合わせは食べやすいはずです。

 日本酒チーズを合わせるときに気を付けたいのは、“口内調理”を意識すること。これは日本人特有の食文化ですが、口のなかで味を組み合わせることが、実は大事になってくるそうです。

今回のミニセミナーでは日本酒がワイングラスに注がれた。日本酒の香りを楽しむなら、口の広いグラスを使うといい。
今回のミニセミナーでは日本酒ワイングラスに注がれた。日本酒の香りを楽しむなら、口の広いグラスを使うといい。

 今回筆者が参加したミニセミナー以外にも、ラ・メゾン・デュ・フロマージュではさまざまなセミナーが開催されています。しかも、店内ではヨーロッパチーズの試食体験コーナーも。開催期間は3月26日)までなので、チーズ好きはぜひ足を運んでみてください。

(取材・文◎今西美)

食楽web