トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、ベルギー代表監督に「選手の出場」に関して理解を求めた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が30日に伝えている。

 今季のプレミアリーグ第10節までフル出場を続けていたベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトは、負傷離脱後ポジションを失っている。レアル・マドリードやマンチェスター・U、パリ・サンジェルマンといったクラブが同選手に興味を示していると報じられており、夏の移籍は確実とみられている。

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、ロシアW杯での招集メンバーに入るにはクラブでの一定の出場時間が必要だとアルデルヴァイレルトに警告した模様。しかし、ポチェッティーノ監督は「ベルギー代表のために、アルデルヴァイレルトを選ぶことはしない」と語った。

「私はロベルト(・マルティネス監督)と素晴らしい関係があるし、すべての監督の気持ちを理解している。私がベルギー、イングランド、アルゼンチンといった代表の監督なら、すべての選手にプレーしてほしいと思う」

「しかし、私はトッテナムを監督し、トッテナムで試合に勝つことを重視している。私は自分のクラブを気にする必要があり、多くの代表選手がいる中から11人の選手しか選ぶことができない」

「トビーを含めた全選手がワールドカップ出場を求め、試合に出場したいと思っている。しかし、私はトッテナムで試合に勝つという気持ちを変えるつもりはない」

「私の関心は『トッテナム』で、『トッテナムが勝つこと』だ。ロベルト(・マルティネス監督)の気持ちは分かるが、理解してほしい」

「彼が頑張れば、彼はプレーして競争する機会があるだろう。彼は経験豊かな選手だ。私はチェルシーとの戦いに最高の選手だと思う選手を選ぶ必要がある。サッカーは11人以上でプレーすることができず、私は選ぶ必要があるんだ」

 トッテナムは4月1日に、プレミアリーグ第32節でチェルシーとの“ロンドン・ダービー”に臨む。

負傷離脱以来出場機会が激減したアルデルヴァイレルト [写真]=Getty Images