英雄ブッフォンの今季限りでの現役引退が濃厚 クラブ側は実力を高く評価

 6月のロシア・ワールドカップ(W杯)本大会でバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表と対戦するポーランド代表。その守護神の座を争う27歳のGKが、世界最高峰の鉄壁守護神から後継者の座を確保したようだ。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」が報じている。

 ポーランド代表でスウォンジー所属の32歳GKウカシュ・ファビアンスキと守護神の座を争うGKヴォイチェフ・シュチェスニーは、今季からイタリア王者ユベントスに移籍した。当然、ユベントスのゴールマウスにはイタリアが生んだサッカー史上最高レベルにあるとされるGKジャンルイジ・ブッフォンが君臨している。

 ブッフォンは今季が現役ラストシーズンになるというのが開幕前からの予想だった。本人もそれを示唆していたが、例外はユベントスがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)に優勝した場合、クラブワールドカップまでの半年間を追加でプレーする可能性があるというものだった。

 しかし、ユベントスはCL準々決勝の第1戦でレアル・マドリードに本拠地で0-3と完敗。準決勝進出は極めて厳しくなり、イタリア代表がW杯本大会への出場権を逃している状況と相まって、今季限りでブッフォンがユニフォームを脱ぐのは極めて濃厚な情勢にある。


実現すればファン・デル・サール以来の外国籍正GKに…

 そうしたなかで、ユベントスは来季に向けて正GKになり得るレベルの選手の補強を行わないことを確定させたという。それは、シュチェスニーの実力を高く評価しているためで、第2GKとしてベテランを獲得する方針だと同メディアは伝えた。

 守備の国イタリアの中でも、最も堅牢な守備を誇るとされるユベントスのGKは、ブッフォンが2001年からずっと務めてきた。その前は、元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールまでさかのぼる。シュチェスニーは、久々にイタリア人以外の正GKとしてユベントスのゴールマウスに君臨することになりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

シュチェスニー、ブッフォン後継者として“ユーベ新守護神”に確定か【写真:Getty Images】