プエブラ戦で出色のパフォーマンスを披露した本田、多彩な形で2ゴールの活躍

 パチューカの日本代表FW本田圭佑の一撃は、試合から数日経っても反響が広がり続けている。現地時間6日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第14節プエブラ戦(6-2)に先発出場した本田は、2ゴールと出色のパフォーマンスを披露。なかでも後半に叩き込んだミドルシュートは特筆すべきもので、海外スポーツメディア「BeSoccer」は「悪魔的な変化」と絶賛している。

 トップ下に入った本田は前半23分、相手最終ラインの裏を突いてペナルティーエリア内に走り込むと、タイミング良く出てきたスルーパスに反応。スムーズなファーストタッチから相手GKの位置を見極めた左足シュートを放ち、パチューカに先制点をもたらした。 さらに3-0で迎えた後半5分、右サイドのスローインから本田が起点となり、味方の落としをペナルティーエリア外から思い切り良くミドルシュート。ドライブ回転のかかったボールはGKの手前でバウンドし、ゴール左へ突き刺さった。

「本田を自由にした」と伝えたのは、海外スポーツメディア「BeSoccer」だ。シュート2本で2ゴールの本田は、今季リーグ戦で9ゴール目をマーク。「本田は多彩なスキルを持っていることを証明した」と報じ、絶妙なタッチでニアサイドを打ち抜いた1点目、エリア外から叩き込んだ2点目と、フィニッシュの多彩さを称えている。


本田が強烈なミドルシュート…「相手GKはどうしようもなかった」

 なかでも絶賛したのが、約30メートルの位置から放った左足ミドル弾だ。

 強烈なシュートだったが、相手GKは素早く反応。コース的に考えれば止められても不思議ではなかったが、鋭い縦回転がかかった一撃は横っ飛びした相手GKの前で急激に落ち、伸ばした手の下を抜けてゴールネットに突き刺さっている。同記事では「悪魔的な変化で相手GKはどうしようもなかった」と指摘し、ミドルシュートの変化がいかに凄かったかを伝えた。

 2018年1月からの後期リーグで6ゴール6アシストと、両部門でチーム最多の活躍を披露している本田。左足から放った“悪魔的一撃”の反響は今も広がり続けているようだ。


(Football ZONE web編集部)

パチューカ本田圭佑、30mドライブ弾に反響止まず【写真:Getty Images】