大日本印刷(DNP)は4月9日、デジタルサイネージに表示するコンテンツの配信、機器の状態監視などの機能をもつ「DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage」の新バージョンの提供を開始すると発表した。

今回のバージョンアップでは、コンテンツの即時配信や一元管理に対応し、ユーザーインターフェイス(UI)面や運用面において使いやすさを追求したという。

新バージョンは、最新の4KコンテンツやHTML5等のデータに対応したほか、管理者がおこなったコンテンツの変更を、即座に行うことができるようになり、リアルタイム配信も可能になった。

今後同社は、新バージョンの「DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage」を活用したデジタルサイネージ事業で、コンテンツ制作や運用などの関連事業も含めて2019年度に25億円の売上を目指す。
(丸山篤)

画像提供:マイナビニュース