ビジネスシーンでの印は「肌状態」が左右する――。資生堂2018年4月4日、こんな調結果を発表した。

特に女性はビジネスマンの肌荒れNG

調2月6日~14日の期間、20代から50代の男女1100人を対に実施された。

調ではまず、ビジネスマンの外見をチェックする要素を聞いた。多かったものから、「装」「髪型」「体」「スタイル」「肌」の順となったが、男女間での差は「肌」が最も大きかった。男性41.8%に対し、女性58.3%男性が思っている以上に、女性男性の肌を気にしていることがわかる。

次に、20代ビジネスマンの均的な顔画像を合成し、肌の状態(肌荒れ、肌色、シワ、色味、質感、明るさ、シミ)に応じて18パターンの顔を用意。それを使って、(1)信頼感があると思う肌、(2)リーダーシップがあると思う肌、(3)仕事がデキそうと思う肌、(4)グロバルで活躍しそうと思う肌、(5)一緒に働きたいと思う肌、をそれぞれ評価してもらった。

すると、1~5すべてで「肌荒れの有」がイメージを左右することがわかった。裏を返せば、肌荒れが立つ男性は、ビジネス上での評価に悪影を及ぼす可性が調から見いだせる。

ニキビが与える印象は?

発表では専門コメントも紹介されており、明治学院大学田中知恵教授社会心理学) は、

女性は自身にとって関与の高い『肌』状態という次元に基づいて、他者(男性)を判断している可性があるといえます。さらには、『髪型』『体』『スタイル』『装』に関しては、ビジネスシーンにおいて女性男性との直接較は一般的に難しいのに対して『肌』は相対的に較がしやすいため、女性が特にその特徴に注した可性も考えられそうです」

と分析した。

また、調を行った資生堂池田子氏と小泉高陽氏は、

「(肌荒れの代表格である)『ニキビ』は中高生のような『若い』印を与えてしまうことで、ビジネスシーンでの印を左右するのかもしれません」

考察した。

資生堂は調結果を踏まえ、18年4月から男性の肌ケアに特化した企業向けセミナーを開始すると発表。日ごろのスキンケアの重要性を伝えていくとした。<J-CASTトレンド>

画像はイメージ