ミュージシャン西川貴教さんらが「学ぶ」をコンセプトに「身近で当たり前の事だけど詳しく知らないモノ、事」をテーマに深掘りしていく番組「西川学園高等学校、略してN高!」。今回のテーマは「ラブドール」。現在では4万円~という低価格が売りの中国製ラブドールが売上を伸ばしています。

 スタジオには中国製ラブドールを扱う代理店・ベルドール東京社長である鈴木繁久さんが、次世代のシリコンと呼ばれるエラトマー製のラブドールの有希ちゃんと美咲ちゃんとともに登場しました。

 そして中国にあるラブドール工場内の様子を土屋礼央さん田英利さん手島優さんミクロマンサンライズ!!!さん兵頭喜さんVTRで紹介しました。

左から土屋礼央さん、鈴木繁久さん。

―関連記事―

「オリエント工業はラブドール界のトヨタ」空気人形→ラテックス→ソフビ 技術革新の歴史を収集家が解説

ラブドール収集家にインタビューしたら“パワーワード祭り”だった「冬は温めないと冷たくて抱けない」「フェラーリだと思って欲しい」【語り:八潮秘宝館 館長】

中国製メーカーのラブドールが席巻中!

左から時計回り順に西川貴教さん、ミクロマンサンライズ!!!さん、田英利さん、手島優さん。

土屋
 ここ数年、まさかの台頭があります。今、ここのが席巻しています。

土屋
 中国メーカー! この価格破壊!

西川
 安い。

兵頭:
 エラトマーというのは新世代のシリコンだと思ってください。

田:
 素材もよくなって値段も安くなったと。

兵頭:
 素材シリコンの方が触った感じはいいんですけれど、こっちのほうが安いのと、柔らかいですね。値段もこちらには10万円~20万円と出ていますけれど、実際は一番安いのは4万円とか。だから4万円~15万円くらいですね。

兵頭喜さん。

西川
 そう言われちゃうと安いってなりますね。

土屋
 2年前まで、中国メーカーからの輸入数が数台とかだったのが、一気にここで2000台と。

田:
 中国まれの帰国子女みたいなもんやもんね。

土屋
 実物を見たくないですか。中国製ドール日本代理店であるベルドール東京から最新ドールを持ってきていただきました。

鈴木
 有希ちゃんと美咲ちゃんです。

美咲ちゃん(左)と有希ちゃん(右)。

土屋
 エラトマー製とはどういうものですか。

鈴木
 ここ2、3年でエラトマー製というより柔らかいものが出てきました。特徴としては可動域がものすごく大きいので、より多くの体位に応えることができるという特性もございます。あとは化粧ができるので、好みのお顔にできますし、うちでもに1回ぐらいはお化粧教室をやっています。

田:
 ドールのための。

鈴木
 はい。男性の方がたくさん来られてメイクアップをされます。

田:
 裸で届くんですか。

鈴木
 そうです。

土屋
 可動域が大きいことってすごく大きくて、着替えるためには、今までは首を外して着替えていたんです。でもこれは柔らかくて上まで手を伸ばせるので、首を外さずに着替えることができるというのが、やっぱりラブドールする人からすればそこがいい。

西川
 首が外れちゃうっていうのは嫌ですもんね。

田:
 輸入っていうことは、これがコンテナに満タン入ってくるんですか。

鈴木
 これは輸しています。

田:
 飛んで来るんですか(笑)

ソフビ製より柔らかい!エラストマー製を触ってみよう 

土屋
 ちょっと触ってみますか。

田:
 足細っ!

土屋
 美咲ちゃんが156センチで、こちらの……。

鈴木
 有希ちゃんが170センチ

土屋
 何かと長身女性が好みの西川くんということで、こちらをリクエストしてみました。

西川
 殺すぞ(笑)

一同:
 (笑)

西川
 柔らかい! いや……でも……柔らかい!

田:
 うわ! たまらんわ! ヤりてぇ!

手島
 こんな肌になりたいな。

土屋
 胸いきましょうよ、胸。

手島
 あぁ~! 柔らかい!

西川
 はぁ~。

手島
 おぉ~! でかっ!

土屋
 何カップですか?

鈴木
 Iカップです。

西川
 幼い顔してこんなことになってんの、自分。

田:
 あっ、ごめん!

 ごめんな(笑)

西川
 それ二丁でしかやったらアカンやつや。

ミクロマンサンライズ!!!:
 下乳リアル