ホンダ2017年フランクフルトモーターショーで初開した電気自動車「アーバンEVコンセプト」モデルを大予想しました。

詳細画像はこちら

ヘッドライトホンダ1981年に発売し「トールボーイ」と呼ばれた初代「シティ」を彷彿させる、レトロな丸眼ヘッドライトコンセプトモデルから継承されそうです。新開発のEVラットフォームを採用するスタイルは、シティのような背高ではなくクーペの雰囲気を醸し出すCピラーに特徴をもたせると共に、フェンダーに切り込みを入れワイド感を強調させました。

詳細画像はこちら

室内には、コンセプトモデルほどではないですが、かなり大ディスプレイを装備し、AI人工知能)技術を用いた「ホンダオートメーテッドネットワークアシスタント」を搭載すると思われます。

パワーユニットに関しては、まだ情報がありませんが、EVトップを走る日産リーフ』同等のパフォーマンスを持ち、1回の充電における航続距離400kmが基準となりそうです。

ホンダは、2030年までにはの3分の2以上を電動化する計画で、この「アーバンEVコンセプト」はその第一弾となると思われます。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

日産リーフのライバル登場!? ホンダの電動化戦略をけん引する「アーバンEV」を大予想(http://clicccar.com/2018/04/09/575818/)