マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニに複数クラブが興味を示しているようだ。フランス紙『レキップ』が9日付で報じている。

 今シーズンのプレミアリーグで、先発出場がわずか3試合にとどまっているフェライニに対して、かねてからモナコやトルコのベシクタシュ、中国方面から獲得の噂が浮上していた。

 しかし、ここに来てプレミアリーグのライバルであるリヴァプール、パリ・サンジェルマンも関心を持ち始めたという。特に後者はファイナンシャル・フェアプレー制度への抵触を気にかけており、今シーズン限りでクラブとの契約が終了するフェライニの獲得は魅力的なプランだと感じているようだ。

 今年2月にマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は契約延長を先延ばしにするフェライニに対し、「黙って契約書にサインしてくれ」と残留を促したことからも、同選手を戦力の一人として考えているようだが、果たして移籍か残留か、どちらを選択するのだろうか。

フェライニに対し複数クラブが関心を示しているようだ [写真]=Getty Images